HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:中国

RoHS検索

Q.516
中国RoHSの有害物質は、鉛及びその化合物、というように記載されていますが、含有率はどのように計算したらいいでしょうか?

A.516

中国RoHS(II)管理規則(以下C-RoHS(II))では、ご指摘の通り特定有害物質は「鉛およびその化合物」のように規定されています。また、C-RoHS(II)の第9条においては「電器電子製品を設計する時には、法律、行政規則、規則によって求められている国家標準、業界標準を順守しなければならない(回答者抄訳)」ことが規定されています。これらの含有率等については、国家標準GB/T26572-2011「電子電気製品における使用制限物質の限量要求」で規定されています。
 国家標準GB/T26572-2011の第4項「限量要求」では「電子電気製品を構成する均質材料中には鉛(Pb)、水銀(Hg)、六価クロム(Cr(VI))、ポリ臭化ビフェニル(PBB)及び、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)は0.1%(質量分率)、カドミウム(Cd)は0.01%(質量分率)を超えて含有してはならない」と規定されています。すなわち、ご質問の「鉛及びその化合物」では、鉛化合物中の鉛の質量で算出することになります。これらの規定はEU RoHS(2)の考え方と同じです。

ただし、適合性の検査方法としては、国家標準GB/T26572-2011の第5項で、下表のように、各部品の均質材料に加えて、めっき層や分解可能な最小部品で検査する方法を定めています。

検査単位分類 検査判定基準
EIP-A 電子電気製品を構成する各均質材料 第4項「限量要求」
EIP-B 電子電気製品中の各部品の金属めっき層
EIP-C 電子電気製品中の既存条件でそれ以上それ以上分解できない小型部品・材料
体積4mm3以下の製品(例えばチップコンデンサー・チップ抵抗)

参考情報:J-Net21「ここが知りたいRoHS指令」コラム
中国RoHS管理規則のその後の動向(2)
中国RoHS管理規則の支援標準(規格)の改定動向【続報】
中国RoHS管理規則に関連する情報
動くか?改正中国RoHS管理規則
中国RoHS管理規則の変遷にみる規制の本質
中国RoHS(II)管理規則の施行を迎えて

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!