本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:その他

RoHS検索

Q.511
EUや中国のRoHS指令では、CEマーク等の所定のマークを表示することが義務付けられていますが、ベトナムRoHSでも同様に製品上へのマーク表示要件はありますか?

A.511

現行のベトナム版RoHSといわれる規制は、2011年8月10日に「電気電子機器中に含まれる有害化学物質の最大許容濃度に関する通知(Circular No.30/2011/TT-BCT)」として公布され、同年9月16日に「一部修正する決定(Circular No.4693/QD-BCT)」で修正されました。
 本通知は同年9月23日に施行され、「2012年12月1日以降、製造者および輸入者は特定有害物質の含有許容濃度を順守する」ことが求められました。
 対象製品は、EU RoHS(2)指令(2011/65/EU)のカテゴリー8、9および11を除く8つのカテゴリーと同一です。これは旧指令のRoHS(1)の対象となっていた8製品群と同様です。附属書IIにHSコード付きで対象電気電子製品が記載されています。また、特定有害化学物質および最大許容濃度もRoHS(1)指令と同じで、6物質が対象であり、最大許容濃度は、カドミウムは0.01wt%、その他は0.1wt%です。適用除外用途の内容は、RoHS(1)指令の2010/571/EUによる委員会決定のものから適用除外期限を過ぎたものを除いたものになっています。
 このように、ベトナムRoHS法は旧EU RoHS(1)指令を踏襲し、ほぼ同様な要求内容になっています。そのため、旧EU RoHS(1)指令と同様に、適合性マークのCEマークのようなRoHS適合性を表示する適合性マークの貼付は要求されていません。
 ただし、ベトナムRoHS法(第6条)では、「電気電子製品の製造事業者・輸入者の責任」の中で「電気電子機器を製造または輸入する組織及び個人は、その電気電子機器が有害物質の含有制限に関する改正文書の規定を順守していることの情報を開示しなければいけない」とされていいます。開示方法に関してはQ362を参照ください。
 また、ベトナムRoHS法の概要はQ336 Q299に解説されていますので参照ください。
 なお、EU RoHS(2)指令では、CEマーク貼付の義務が製造者に課されました。これは従来からある製品認証制度をRoHS指令にも適用したものですが、同様な方式は台湾、UAE、ロシアなどに広がっています。

なお、ベトナムRoHS法とは別に、「商品表示に関する政令No.89/2006/ND-CP」があります。電気電子製品には、下記事項をベトナム語で表示する必要があります。

  • 製品名、生産者等の氏名・住所、生産地
  • 重量、生産年月、技術仕様、安全情報・警告、取扱・保管説明

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ