本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:その他

RoHS検索

Q.506
鉄線に溶融亜鉛メッキを行った金網は、RoHS指令の適用除外用途である「機械加工のために合金成分として、鋼材中及び亜鉛メッキ鋼に含まれる重量比0.35%」に該当しますか?

A.506

RoHS指令1)では、原則、0.1wt%を超える鉛の含有は禁止されています。しかし、「禁止物質の除去、代替が科学的・技術的に不可能である」「代替品の信頼性がない」などの理由から代替が困難な一部用途を「適用除外用途」として、有効期限を定めて含有制限の免除や許容濃度の緩和が認められています。

附属書III 6(a)に、機械加工用の鋼材中および亜鉛メッキ鋼板中に合金成分として含まれる0.35wt%までの鉛の記載があり、適用除外となっています。
 2016年6月27日(報告書日付けは6月7日)に適用除外用途の見直しに関する調査報告書(パック9)2)が提出され、適用除外用途ごとに製品カテゴリーが特定され、有効期限が設定されています。
 報告書の勧告内容が、そのまま法文になるとは限りませんが、今後、この報告書の勧告を受けて欧州委員会が改正案を作成し、正式に決定された場合にはEU官報にて公表されます。

ご質問の「鉄線に溶融亜鉛メッキを行った金網」の適用除外ですが、今回のパック9で、ホットディップ溶融亜鉛めっき鋼中の鉛に関してカテゴリー1~7、10、11で利用される場合には0.2 wt%、カテゴリー8、9で利用される場合には0.35 wt%とされています。そこで、まずは貴社の製品が利用されているカテゴリーを確認しただき、カテゴリーによる重量比を確認する必要があります。カテゴリーについては附属書Iに記載されています。

附属書III 6(a)に関しては、パック9の18項で説明されています。

カテゴリー8、9については従来通りの内容で適用開始から7年後まで延長されていますが、カテゴリー1~7、10では鋼材と亜鉛めっきが分離され、有効期限が3年および5年と個別に設定されています。
 ホットディップ溶融亜鉛めっき鋼中の鉛は0.2 wt%と従来よりも低い閾値となっていますが、これはめっき浴への鉛の意図的添加は技術革新のため急速に減少してきていることと、閾値の計算は鋼材全体を前提とすることで、欧州溶融亜鉛めっき協会(European General Galvanizers Association EGGA)との協議に基づいた提案となっています。

パック9での6(a)に関する適用除外と終了または見直し期間

  • 機械加工用途の鋼材中の合金元素として0.35wt%まで含まれる鉛
    カテゴリー1~7、10、11:2019年7月21日
  • ホットディップ溶融亜鉛めっき鋼中に0.2wt%まで含まれる鉛
    カテゴリー1~7、10、11:2021年7月21日
  • 機械加工用途の鋼材および亜鉛めっき鋼中の合金元素として0.35 wt%まで含まれる鉛
    カテゴリー8、9:2021年7月21日
    カテゴリー8の体外診断用機器は2023年7月21日
    カテゴリー9の産業用監視および制御機器は2024年7月21日

適用除外に関しては、将来的には、技術や科学の進歩により、適用除外用途が廃止されることもありますので、適用除外用途の動向や関連する技術動向を適宜情報収集しておくことが必要です。

1)http://eur-lex.europa.eu/LexUriServ/LexUriServ.do?uri=OJ:L:2011:174:0088:0110:EN:PDF

2)http://rohs.exemptions.oeko.info/fileadmin/user_upload/RoHS_Pack_9/RoHS-Pack_9_Part_ALLOYS-MISC_06-2016.pdf

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ