本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:その他

RoHS検索

Q.499
アジア各国のRoHS指令には、6物質の含有制限以外にも、含有情報表示や輸入時の適合宣言書の提出など各国固有の義務もあります。これらの義務は電気電子機器に組み込まれる電子部品にも適用されるのでしょうか?

A.499

アジア各国のRoHS指令で規定する固有の義務について整理してみます。
 アジア諸国ではEU RoHS(II)指令と類似の規定をしておりますが、適合宣言書はEUの適用規定に加え、他の規定も適用している場合があります。

EU RoHS(II)指令で定める含有制限有害物質と均質材料当たりの最大許容濃度は下記の通りです。

  • 鉛 0.1Wt%
  • 水銀 0.1wt%
  • カドミウム 0.01wt%
  • 六価クロム化合物 0.1wt%
  • ポリ臭化ビフェニル(PBB) 0.1wt%
  • ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE) 0.1wt%

上記6物質に加え、フタル酸エステル類4物質が2019年7月22日から適用となります。物質名称と最大許容濃度は以下です。

  • (1)Bis(2-ethylhexyl)phthalate(DEHP)0.1wt%
  • (2)Butyl benzyl phthalate(BBP)0.1wt%
  • (3)Dibutyl phthalate(DBP)0.1wt%
  • (4)Diisobutyl phthalate(DIBP)0.1wt%

アジア諸国の場合の規定は以下の通りです。

1.含有制限有害物質
 中国において6物質に加え次の制限物質が追加されています。

  • 国家が指定するそのほかの有毒有害物質

その他の国では6物質のみが制限物質となっています。

2.均質材料あたりの最大許容濃度
 すべての国でEU RoHS(II)指令と同様の規定となっており、下記の通りです。

  • カドミウム:0.01重量%
  • その他:0.1重量%

中国の場合は、最大許容濃度の含有規制ではなく、最大許容濃度以上含有している場合は、その旨表示1)することが要求されています。

3.適合証明
 EU RoHS(II)指令では、技術文書を作成し、適合性宣言書(Declaration of Conformity(DoC))により適合宣言をしたうえで、CEマークを張り付けることが求められます。 一方、シンガポールRoHS法案では、適合宣言書とEU RoHS指令の整合規格であるEN50581:2012に準拠した技術文書の作成および維持に加え、国内製造製品については販売前、輸入製品については輸入段階での適合宣言書の提出が求められています。2)
 また、中国では2012年7月18日に「企業電子電気製品汚染制御適合性声明規範」(案)が公表されました。適合性声明規範では、EUのCEマーキングに類似した適合声明書(DoC)の様式が定められています。

4.電気電子機器に組み込まれる電子部品への適用有無
 EU RoHS(II)指令では第4条(防止)で「上市される電気電子機器(以下一部略)に附属書IIにリストされている物質を含まないことを確実にする」こと、第7条(製造者の義務)a項で「電気電子機器を上市する時には、電気電子機器が第4条の要求事項に従って設計・製造されることを確実にする」ことが定められています。
 したがって、RoHS(II)指令の義務は電気電子機器に組み込まれる電子部品へも適用されると認識しておく必要があります。

なお、上記で記載した事項以外にも各国固有の規定が定められておりますので、貴社が納品する国の情報を事前に確認されることをお勧めします。

1)http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/column/160729.html
2)http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/column/151023.html

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ