本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.473
RoHS指令で制限対象物質として追加されるフタル酸エステル類4物質について、2019年7月21日以前にEUに保管されている在庫品も適用されるのでしょうか?

A.473

2015年6月4日にEUの委員会委任指令〔COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE(EU)No 2015/863 of 31 March 2015〕が官報公示され、RoHS(II)指令附属書IIの制限物質にフタル酸エステル類4物質(DEHP、BBP、DBP、DIBP)が追加されました。

加盟国は、2016年12月31日までに上記指令に対応する国内法の整備を求められています。
 それらの物質の均質材料あたりの最大許容濃度と適用開始日は以下の通りです。

1.追加4物質の均質材料当たりの最大許容濃度

DEHP 0.1wt%
BBP 0.1wt%
DBP 0.1wt%
DIBP 0.1wt%

2.適用開始日と適用製品

  • カテゴリー8および9以外の電気・電子機器は2019年7月22日以降上市分から
  • カテゴリー8および9の医療機器、監視制御機器は2021年7月22日以降の上市分から

上記の制限は、(1)2019年7月21日以前に上市されたカテゴリー8とカテゴリー9以外の電気・電子機器(EEE)、(2)2021年7月21日以前に上市されたカテゴリー8およびカテゴリー9の体外診断機器を含む医療機器、(3)産業用監視・制御機器を含む監視・制御機器のケーブル、(4)修理、再使用、機能更新または能力向上のためのスペアパーツには適用されません。

RoHS(II)指令においては、上市の定義は以下のようになっています。

  • EU市場で電気電子機器を最初に利用可能にすること
  • 「市場で利用可能にする」とは、商業活動の一環として有償、無償にかかわらず電気電子機器をEU市場で流通、消費または使用のため供給すること、また上市日は「市場で最初に利用可能にした日」別な言い方をすれば所有権が移転された日

ご質問の2019年7月21日以前にEU内に保管されている在庫品が、RoHS(II)指令の制限対象物質に追加されたフタル酸エステル類4物質の適用対象となるかどうかは以下により判断されます。

すなわち、2019年7月21日以前に通関し、輸入者が在庫していた場合、有償無償に関わらず、当該在庫品を第三者に引き渡した日が上市日となり、その日に適用される規制が適用されます。

従いまして、ご質問の在庫品が2019年7月21日以前に第三者へ所有権が移転されていれば、その時点で上市済みとなりますので、フタル酸エステル類4物質のRoHS(II)指令の含有制限は適用されません(BLUE Guide 20143.3項「輸入者」参照)。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ