本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.470
RoHS指令施行前に製造されたRoHS指令対応が不明なICについて、その使用の可否を判断する検査方法および判断基準はありますか?

A.470

RoHS指令では含有規制物質の含有濃度を測定する際の分母は「均質材料」(全体的に均一な組成の材料、または機械的な手段で他の材料に解体・分離ができない材料、材料の組合せ)とされており、ご質問のICはプラスチック成型品、リードフレーム材、ボンディングワイヤ、端子、ピン、はんだなど複数の均質材料ごとに規制を受けます。
 現状で指令対応が不明だということですと、ICをこれら均質材料に機械的に分離したのちに物質含有量を測定することになります。

測定方法は、まず蛍光X線分析によるスクリーニング分析(定性分析)を行い、測定濃度値のばらつきを加味したグレーゾーンであるものには精密分析(定量分析)を行うという2段階方式がIEC62321において基本とされています。
 本規格では、グレーゾーンを決めるための物質ごとのスクリーニング許容値、精密分析時の分析方法なども定められています。RoHS指令で要求される技術文書の作成にはIEC62321による分析試験が必要であるとされていますので、本規格による分析と判断が適切です。

しかし、現実的には蛍光X線分析では表面の分析しかできないという限界もあり、自社対応は困難となり、専門の分析会社に依頼することが多くなるのではないかと考えます。
 また、在庫品のロット違いも考慮に入れる必要があり相当な負担が生じます。
 そこで、(1)ICメーカーへ問い合わせる、(2)メーカーが現存しない場合はJEITA(日本メーカーの場合)、(一社)日本半導体商社協会(海外メーカーの場合)などへ相談し、可能な手段を尽くして適合性確認をして記録を残しておき、その過程を確証データと考えることもできます。

確認・分析の結果が許容濃度以上であった場合には、当該ICはRoHS指令適用用途では基本的には使用できません。例外的に使用できる場合は以下の通りです。
 もし、貴社が過去に出荷をされたもののアフター等の対応でご検討中なら、上記の結果に係わらず1のケースが該当する可能性があります。

1.以下の物の修理、再使用、機能更新または能力向上のための予備部品(第4条4)

  • (a)2006年7月1日以前に上市されていたEEE
  • (b)2014年7月022日以前に上市されていた医療用装置
  • (c)2016年7月22日以前に上市されていた体外診断医療用装置
  • (d)2014年7月22日以前に上市されていた監視及び制御機器
  • (e)2017年7月22日以前に上市されていた産業用監視及び制御機器
  • (f)除外から便益を得ており、特定の除外に関する限りその除外期限が終了する前に上市されていたEEE

2.「設計変更による除去・代替、規制物質を必要としない材料・部品が科学的または技術的に実行不可能である」「代替品の信頼性が確実でない」「代替品に起因する環境・健康・消費者安全の総合的なマイナスの影響が、その総合的な便益を上回りそうな場合」で、付属書Vによる申請が行われ、除外用途として認められた場合(第5条)

いずれの場合も慎重な対応が必要であると考えます。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ