ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

Q
EU2015年6月12日更新
Q.460 最近のRoHS指令違反事例やその顛末について教えてください。

EUのRoHS指令〔以下、RoHS(II)〕は第23条に罰則規定があり、「加盟国は、本指令に従って採択される国内規定への違反に対し適用されるべき罰則を定める」とされています。従いまして、違反に対する罰則規定は加盟国が各国内法で整備するため、上市の対象となる輸入国の国内法で対応することになります。

また、RoHS(II)に違反した場合の製造事業者の対応義務としては、RoHS(II)第7条(i)項に「上市した電気電子機器について、本指令への適合がされていない、もしくは適合していないと信じる製造事業者は、当該電気電子機器について、適切な場合には直ちに是正措置をとることとし、本指令に適合させる、販売を中止する、もしくはリコールを行うこととし、直ちに不適合と是正措置について当該電気電子機器を上市している加盟国の国内所轄官庁に通知することおよび加盟国の国内所轄官庁の更なる調査に対する協力義務」があります。

RoHS(II)指令の対象製品である電気電子製品をリコールする場合は製造物安全一般指令(2001/95/EC The General Product Safety Directive:GPSD)が適用され、欧州共同体緊急情報システム(RAPEX)1)を通じて欧州委員会に通知することになっています。
 RAPEXから欧州委員会にRoHS違反として通知された事例は2013年1月-2015年5月までの間で下表に示す4件が確認されています。

通知国 対象製品 リスク(RoHS(II)に違反) 適用 原産国
2015 スロベニア ハンドブレンダ― プリント基板やモーター上のはんだに鉛が測定値で80%まで含有されている。 市場から排除 中国
2015 スロベニア アラーム付ラジオ アンテナ線の黒色プラスチック、コンデンサと真鍮部品のオレンジ色プラスチックに鉛(実測値:0.19%)を含有している。また、プリント基板と真鍮部品にカドミウム(実測値:0.071%)を含有している。 市場から排除 中国
2014 スロベニア リモコンカー 製品に使われるはんだに鉛が0.36%まで含有されているため、環境汚染のリスクがある。 市場から排除 中国
2013 スウェーデン 子供用コスチューム トランシーバー内に使用されているはんだに54.6%まで鉛が含有されているため、化学汚染による環境リスクがある。 市場から排除 不明

上表のRoHS(II)違反事例では、基板にあるはんだの中に鉛を含む場合の事例が多くの割合を占めているようです。万一貴社の製造した製品が輸出され、上市された後にRAPEXで通知されると製品回収にとどまらず市場から排除させられるという顛末になる可能性が高いため、化学物質管理及び万一の時のためのリスク管理は徹底して備えておく必要があります。

1)
http://ec.europa.eu/consumers/safety/rapex/alerts/main/index.cfm?event=main.listNotifications
http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/150605.html
http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/column/130426.html

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク