本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.453
RoHS指令の適用範囲外の製品に組み込むプリント基板を製造しています。このプリント基板を同製品専用のスペアパーツとする場合、RoHS指令の対象になるのでしょうか?

A.453

貴社の製品(プリント基板)はRoHS指令の適用範囲外製品に組み込まれて上市される限りにおいては、RoHS指令の適用対象とはなりません。
 しかし、同じプリント基板を単体で上市する場合には、それがRoHS指令の対象になるか否かは次の3つの場合に分けることができます。

1.プリント基板が単体としてEEE(完成品)である場合
 プリント基板が汎用性のあるもので、ユーザが直接使用できるEEEであれば、組み込み先の製品種によらず、RoHS指令の適用対象となり、物質制限やCEマーク貼付の義務を負うことになります。また、CEマーク貼付を行うためには、EN50581に基づいた技術文書や適合宣言書の作成が求められます。

2.プリント基板がRoHS指令対象EEEの構成品である場合
 プリント基板が組み込まれるEEEがRoHS指令の対象であれば、構成品も物質制限の対象となります。ただし、CEマークの貼付対象はEEEの完成品であるため、構成品には適用されません。

3.プリント基板がRoHS指令適用範囲外製品の専用構成品である場合
 プリント基板が、RoHS指令の適用範囲外であるEEEの専用品であれば、RoHS指令の対象外となります。

ご質問の貴社プリント基板のケースであれば、上述の「3」に該当するものと想定されますので、RoHS指令の対象外であると考えます。
 この場合、税関で説明を求められる可能性がありますので、RoHS指令適用範囲外製品の専用構成品であることが証明できるものを適用範囲外製品のメーカーより入手しておくことをお薦めします。

なお、RoHS 2 FAQの6.5に、プリント基板について完成品か構成品かの判断例が以下の通り示されていますので参考にしてください。

(1)完成EEEボードの例
a.通常、標準品として建築業者や家庭使用のため売られるボードそれ自身やそれに載せたモジュール
b.完成品として供給され、電気的または電子的機能を遂行することが意図されたコンピュータ用のグラフィックカード

(2)生産または完成EEEの構成品
構成品やモジュールが載っていないカードまたはボードで、さらなる生産、または完成品への統合のために売られ、それ自身完成品でないもの

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ