本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.426
部品として製造される小型電動機はRoHS2の製品区分のなかに該当しますか?また、電動機を製品として消費者に販売する場合はCEマーク対象となるのでしょうか?

A.426

小型電動機を動力用ではないEEEに組み込まれるようなインダクションモーターと解釈して回答をします。

小型電動機を最終製品(完成EEE)に組込むために上市する場合は、完成EEEでCEマーキングをしますので、組み込み品としての当該小型電動機にはCEマーキングは要求されません。ただ、この場合は、当然ながら、RoHS指令の特定有害物質の非含有保証は行う必要があります。

小型電動機に制御ユニット、電源や能動電子部品などを組み込んで単体で消費者などに販売する場合は、機能ユニットと見なされCEマーキングが要求される可能性があります。
 この場合の製品区分は、その用途により決定されますが、自社で決定します。

決定にあたっては、その理由を技術文書に記述する必要があります。この記述の根拠文書は製品開発仕様書などで決定されている用途などになります。
 能動電子部品が付いていない単体インダクションモーターは部品扱いとなります。

なお、電動機に対しては、EuP(エコデザイン)指令が適用されていますので、指令2005/32/ECの規定に従ったCEマーキングが必要になります。電動機のエコデザイン要求はエコデザイン規則Regulation (EC) No 640/2009修正規則 Regulation (EU) No 4/2014を参照ください。スペアパーツの場合も同様です。

EuP指令(現在はErP指令)によるCEマーキングを行う場合に、貴社の小型電動機が部品と機能ユニットのグレーゾーンと思われるのであれば、機能ユニット扱いにして、同時に宣言することも考えられます。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ