本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.405
RoHS(II)で大型固定装置は適用されませんが、どのような装置を大型と考えばいいのでしょうか?

A.405

ご質問の大型固定装置ですが、産業用大型固定工具と大型固定据付装置のいずれかが判然としませんので双方を含めて回答します。

「産業用大型固定工具」と「大型固定据付装置」は、RoHS(II)の第2条(4)(d)と第2条(4)(e)で適用除外とされています。また、第3条(4)と(5)で両者が定義されていますが、「大型」についてはその定義を明確に定めていません。

「大型」を解釈する際の手がかりとしては、2012年12月12日付けでEU環境総局から示されたFAQがあります。FAQの「3. Scope-Large-scale Exclusions」において、「産業用大型固定工具」と「大型固定据付装置」の除外要件に関する詳細な解説が記載されています。
 ただし、FAQ中にも記載がありますが、「工具」と「装置」では「大型」の意味が異なる点に留意が必要です。

「大型」とは本来、寸法の基準を述べたもので、大型の工具および装置とそれ以外の類似のより小規模な装置との間には境界線を引くことができます。しかし、RoHS(II)では上述のように明確な定義はされていませんので、「工具」「装置」の適用除外を受けられるかを評価するのは、製造業者、組立業者、ユーザーの責任となります。

さらにFAQ中には、適用除外に相当するかどうか判断するための手助けとして、「大型工具」と「大型装置」が例示されています。

  • (1)適用除外となる「装置」の具体例 ・工業、食品、活字メディア等の生産や加工ラインのロボットや機械工具を含むもの
    ・乗用エレベーター
    ・コンベア輸送システム
    ・自動倉庫システム
  • (2)適用除外となる「工具」の具体例
    ・NC旋盤や門型フライス盤・ボール盤などの材料、製品の生産、加工のための機械やその他の機械装置で類似の規模と重量を有するもの
    ・組立クレーン

また、輸送に関しては、直接の寸法基準が紹介されています。以下のガイダンス尺度と量的基準は装置に適用することが可能であり、もし、装置が下記の基準を一つでも超えれば、大型であると考えられます。

1.寸法
 装置の設置や取外しをする際、運ぶべきパーツの合計が5.71m×2.35m×2.39mを超えてISO規格の20フィートコンテナでは運べない場合、これは大型であると考えます。

2.重量
 多くの道路輸送トラックの重量の上限は44トンであるため、装置の設置、取外しの際に44トントラックで運べない場合、これは大型であると考えることができます。

FAQの「大型」の定義をめぐる解釈については、2012年8月10日付けコラムでも解説されていますので併せてご参照ください。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ