本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:中国

RoHS検索

Q.391
弊社は電動工具を製造し、中国へ輸出しています。電動工具は中国CCC制度(China Compulsory Certificate system、中国製品安全強制認証制度・中国強制製品認証制度・中国強制認証)の適用を受けるでしょうか?また、適用を受ける場合、どの様な手続きが必要でしょうか?

A.391

CCC制度とは中国政府が製品の安全性と技術基準を審査・認証する制度です。対象となる20種類149品目の製品については審査を受け認証マーク(CCCマーク)を取得・表示しない限り、中国への輸出、中国国内での出荷・販売その他営利目的の使用が禁止されています。対象製品にはそれぞれ実施規則が定められており、基本となるCCCマークデザインの右横に、S(安全性)、EMC(電磁両立性)、S&E(安全性+電磁両立性)、F(消防)といった文字が付加されます。対象製品大分類は以下の通りです(15、17は欠番)。

  1. 電線・ケーブル類(5品目)
  2. 回路スイッチ、保護・接続装置類(6品目)
  3. 低電圧機器類(9品目)
  4. 小電力モーター(1品目)
  5. 電動工具類(16品目)
  6. 電気溶接機類(15品目)
  7. 家庭用および類似機器類(18品目)
  8. 音響設備(放送用を除く)類(14品目)
  9. 情報技術機器類(12品目)
  10. 照明器具(36V以下を除く)類(2品目)
  11. 車両および安全付属品類(17品目)
  12. 自動車用タイヤ類(3品目)
  13. 安全ガラス類(3品目)
  14. 農業機器類(2品目)
  15. 通信端末設備類(9品目)
  16. 消防設備類(3品目)
  17. 安全防犯設備(4品目)
  18. 無線LAN製品(1品目)
  19. 装飾材料(3品目)
  20. 玩具(6品目)

ご質問の電動工具は上記の通り大分類6で対象製品類となっており、さらに以下の16品目に分類されています。

  1. ドリル(インパクトドリルを含む)
  2. 電動ドライバーおよびインパクトレンチ
  3. 電動グラインダー
  4. 研磨機
  5. 丸鋸刃
  6. 電気ハンマー
  7. 不燃性液体スプレーガン
  8. 電気バサミ(両刃バサミ、パンチを含む)
  9. タッピングマシン
  10. 往復鋸(曲線鋸、ジグソーを含む)
  11. 挿入式コンクリート振動式ミキサー
  12. 電動チェンソー
  13. 電動かんな
  14. 電動剪定バサミ、電気草刈りバサミ
  15. 電動ミルおよびトリミングマシン
  16. 電動石材切断機(大理石切断機を含む)

上記の対象製品と実施規則の一覧は、国家認証認可監督管理委員会のWEBページにて確認が可能です。

貴社の製品がこれらの16品目に含まれますと実施規則CNCA-01C-014:2011により、動作電圧(50V以上440V未満)などの条件に該当する場合は以下の流れになります。

  1. 認証申請
    中国品質認証センター
  2. 型式認証試験
    安全性評価:GB3883(IEC60745)
    電磁両立性評価:GB4343.1(CISPR14.1)、GB17625.1(IEC61000-3-2)
    このほか主要部品には他の規格を満足することが求められます。
    各製品の適用規格は以下でご確認ください。
    http://www.cqc.com.cn/chinese/cprz/CCCcprz/rzfw/webinfo/2009/12/1260325223167964.htm
    また、検査機関の一覧が以下に掲載されています。
    http://www.cnca.gov.cn/cnca/rdht/qzxcprz/jcjggljg/default.shtml
  3. 工場検査
  4. 認証結果の評価と承認
    認証をされた製品には、CCCマークを貼付・印字することが必要になります。マークの購入等については以下でご確認ください。
    http://www.cnca.gov.cn/cnca/rdht/qzxcprz/cprzbz/default.shtml
    また、認証以後もフォローアップ検査がありますので注意が必要です。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ