ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

Q
その他2013年3月22日更新
Q.365 トルコ版RoHSの最新の情報を教えてください。

トルコ版WEEE&RoHS規則(官報28300号)が2012年5月22日に公布され、即日発効されています。
 これに伴い2008年5月30日に公布され、1年後の2009年6月1日に発効したトルコ版RoHS規則(官報26891号)は廃止されました。
 このトルコ版WEEE&RoHS規則は、EU のWEEE指令(2002/96/EC)とRoHS指令(2002/95/EC)の両方の規定を統合し、整合性を保つように構築されています。環境や人の健康の保護のために電気電子機器に含まれる有害物質を使用制限し、生産、輸入を管理し、廃電気電子機器の処分を減らすために再使用、リサイクル、再生方法とその目標を定めるものです。
 このようにトルコとEUは1996年より関税同盟の発効、2005年にEU加盟交渉を始めており、EU基準との調和を進め、諸制度もEU基準に準拠するように進めています。

トルコ版WEEE&RoHS規則の適用範囲は、医療機器、監視・制御機器を除く8製品群(カテゴリー)、電球および家庭用照明器具です。
 規制物質はRoHS指令と同様の6物質(群)で、規制物質ごとの閾値も同様です。ただし、2008年当時のRoHS指令に準拠しているので、除外項目や製造者の責任などがRoHS指令と多少異なります。
 除外項目は27項目となっており、すでにRoHS指令では除外項目から外されているDeca-BDE(デカブロモジフェニルエーテル)が除外対象とされています。また、製造者の義務には次のような異なる点があります。

  • ・技術基準適合証明情報、書類を上市後10年間保管する必要があります。
  • ・トルコ版WEEE&RoHS規則9条(d)に規定される「この製品は電気電子機器における特定有害物質の使用制限に関する規則に適合している製品である」旨の表示ラベルをトルコ語で明記する必要があります。英語での表示は不可とされトルコ語で表示しなければなりません。
  • ・同規則の附属書3に適合宣言書のフォームが提示されていますが、「適合宣言書」を毎年2月末までに提出することを規定しています。同宣言書はすでに前年提出していても毎年更新し提出する必要があります。

トルコは現在EU加盟国ではありません。トルコのEU加盟についての交渉が再開する2014年以降には、いわゆるトルコ版RoHS規則も大きく変わる可能性がありますので、関連の国内法規の動きに注意が必要と思われます。

なお、トルコ版WEEE&RoHS規則は、2008年5月に公布されたトルコ版RoHS規則(官報26891号)とRoHS部分は同様な内容になっていますので、Q&A239をご参照下さい。

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク