ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

Q
EU2012年10月12日更新
Q.343 太陽光発電用パワーコンディショナーは、改正RoHS指令の第2条4項(i)「光起電性パネル」に該当するため適用外と考えられるのでしょうか。

ご質問の太陽光発電用パワーコンディショナーは、改正RoHS指令(RoHSII)第2条4項(i)においての適用除外用途には当たらないと考えます。同項では太陽光発電システムに関して次のように記載しています。

「一般用、商業用、産業用、住宅用としてエネルギーを太陽光から作り出し、永久的に使用するために専門家によって組み立てられて設置されるよう設計されたシステムで使用されることを意図した光起電性パネル」
(photovoltaic panels intended to be used in a system that is designed, assembled and installed by professionals for permanent use at a defined location to produce energy from solar light for public, commercial, industrial and residential applications)

以上の通り、指令での記述は「光起電性パネル」に限定したものになっています。太陽光発電用パワーコンディショナーは、ここに記述された「光起電性パネル」により生成された直流電源を一般的な電気機器で使用が可能な交流電源に変換することを主な機能とするほか、システムのさまざまなコントロールを行う装置であると解釈します。すなわち、同項で規定されている「光起電性パネル」の一部分ではなく、「光起電性パネル」とともにシステムを構築する独立した電気機器であると判断すべきだと考えます。
 そのうえで、太陽光発電用パワーコンディショナーの定格入力電圧は、出力4.5kwの家庭用のものでDC450V以下、500kwの業務用のものでもDC750V以下程度であり、同指令第3条1項で定義されている「正常に機能するために電流または電磁波を必要とする機器、及びこのような電流または電磁波を再生、伝達あるいは測定するための機器で、交流1000ボルト以下、直流1500ボルト以下の電圧で使用されるよう設計されたもの」に該当し、同指令の適用を受ける電気電子機器であると考えます。
 ただし、FAQ案の中では、第2条4項(e)大型固定据付け装置の大きさに関して「定格出力が375kw以上のもの」という例示もあり、パワーコンディショナーの仕様によっては大型固定据付け装置として適用除外品に該当することも考えられます。この点につきましては2012年8月10日付コラムにて詳細が解説されていますが、今後の動向に注意をすることが必要です。
 また、システムを構成する各種のユニットはもとより、システム内で各ユニットを接続しているリード線に関しても「250V未満で電源を供給、電気電子機器を延長、接続するためのもの」と定義づけられたもの(第3条5項)である場合、同指令の対象となることが考えられますので、同様の検討を行うことが必要になると考えます。詳細につきましては2012年9月14日付コラムをご参照ください。

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク