本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.323
電動工具(丸鋸)のチップソー(回転刃物)は、EU RoHS指令の適用を受けるのでしょうか?また、日本、韓国、中国でもRoHS指令の対象となるのでしょうか?

A.323

貴社の製品がどのような電動工具に使用されるかで異なってきますが、その電動工具が産業用大型固定工具・大型固定装置でない場合、貴社製品もカテゴリー6の電気電子工具に該当すると考えられます。

その電動工具で使用されるチップソー(回転刃物)は「電気電子機器(EEE)がそのパーツなしでは機能できないよう意図されているもので、EEEと分離可能であり、交換によってEEEの機能を修復・アップグレードするパーツ」というスペアパーツの定義に当てはまると考えた場合、RoHS指令の適用を受けるので対策が必要になります。

電動工具が、(1)いくつかのタイプの装置の大規模な組合せである、(2)事前に意図された恒久的に使用する場所での使用、(3)専門家によって組立・納入される、(4)撤去は専門家によるというものである場合、「固定・据付」になり、さらに「大型」である場合はRoHS指令の適用範囲外であり、そのスペアパーツであるチップソーも適用範囲外となります。

ただし、「大型」については明確な定義がないため、今後の動向に注意が必要です。

合わせてRoHS指令のほかにもREACH規則や機械指令などへの考慮も必要です。チップソーは、REACH規則で「生産時に与えられる特定な形状、表面またはデザインがその化学組成よりも大きく機能を決定する物体」として定義される成形品にあたると考えられ、第7条で「年間1t以上の含有」「通常・予測可能下の使用状況での意図的放出」な物質は登録を求められています。

機械指令では、域内での機械の自由な流通の促進と、労働者・市民の安全・健康を保護していますが、該当製品は整合規格への適合とCEマーキングの表示が求められています。同指令の整合規格については確認が可能です。

整合規格から例示をすれば、EN60745が「可搬型電気モーター機具」についてのシリーズであり、EN 60745-2-5:2010が回転鋸についての規格だということがわかります。貴社の製品ごとに確認することが必要になります。

また、同様にLVD規制、EMC規制などにも注意が必要になり、CEマーキングの貼付については該当するすべての規制の確認が必要になります。

EU以外の地域については以下のように考えます。

【日本】

日本版RoHSといわれるJ-Mossは、電気・電子機器に含有される化学物質の表示に関するJIS規格の略称であり、正式名称は「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法」ですが、対象製品を(1)パソコン、(2)ユニット型エアコン、(3)テレビ、(4)電気冷蔵庫、(5)家庭用洗濯機、(6)電子レンジ、(7)衣類乾燥機としており、電動工具は対象ではありません。

しかし、環境・安全に配慮をしたものづくりは、企業の社会的責任が問われるところですので十分な検討が必要だと考えます。

【韓国】

韓国RoHS法では、電気電子製品における対象製品を(1)テレビ、(2)冷蔵庫、(3)家庭用洗濯機、(4)エアコン、(5)パソコン(モニター、キーボードを含む)、(6)オーディオ(携帯用以外)、(7)携帯電話端末(電池、充電器を含む)、(8)プリンター、(9)コピー機、(10)ファクシミリとしており、電動工具は対象ではありません。

ただし、EU・韓国のFTAでの通商委員会協議で、EMCに加えて電気安全についても一部品目において、EUで採用されている自己適合宣言方式を採用することで合意するなどの動きもあります。今後の動向には注意が必要だと考えます。

【中国】

中国RoHS管理規制では、対象製品を電子情報製品群〔(1)電子レーダー製品、(2)電子通信製品、(3)ラジオ・テレビ製品、(4)コンピュータ製品、(5)家庭用電子製品、(6)電子測量器具製品、(7)電子専用製品、(8)電子部品、(9)電子応用製品、(10)電子部品・材料を使用した製品〕として含有物質の表示義務を課しています。 分類注釈(適用製品の明細)では、(7)の電子(産業)専用製品の電子産業金型ギアの項に電動工具が含まれています。

電動工具は重点管理目録や自主認証実施規則の目録にも収載されていませんが、今後の動向には注意が必要だと考えます。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ