本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.280
CEマーキングがRoHSにも適用されるようですが、改めてその内容を教えてください。

A.280

従来のRoHS指令(2003/95/EC)が改正となり、「電気電子機器の特定有害物質の使用制限に関する2011年6月8日の欧州議会と理事会の指令2011/65/EU」として2011年7月1日に官報で公示されました。発効日は20日後の2011年7月21日となります。この公示後18カ月以内に欧州連合加盟国は国内法の改正を行いますので、遅くとも2013年1月2日までに改正RoHS指令への対応を済ませておく必要があります。従来のRoHS指令では適合証明方法については特に決められていませんでしたが、改正RoHS指令ではCEマーキング制度(指令 768/2008/EC(PDFファイル))が適用され、RoHS指令対象製品はCEマーキングにより、RoHS指令適合の表示が義務付けられました。違反した場合には、各国の罰則が適用されます。罰則を受けるのはCEマーキングを行った法人(自然人)です。

ここでは貴社が製造者としてCEマーキング対応で何をすべきか、解説します。

【製造者の義務】

改正RoHS指令で対象とする制限物質は従来のRoHS指令と同じく、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの6物質です。これらの物質が非含有であることを、貴社自ら宣言しなければなりません。RoHS指令への適合性評価はモジュールA(内部生産管理)で実施します。モジュールAの詳細についてはQ&A2532009年2月6日付けコラムにありますので、ご一読ください。

CEマーキングは、技術構成資料(Technical Construction File(TCF)を作成し、適合性宣言書(Declaration of Conformity(DoC))により適合宣言をします。その後にCEマークを貼付します。

CEマーキングのガイダンス文書(Guide to the implementation of directives based on the New Approach and the Global Approach)に手順等が記載されています。

規制物質が非含有であることを宣言するためには、貴社の設計から製造に至るまで、すべての生産活動が適切にコントロールされて、非含有の仕組みができているいることを宣言する必要があります。その宣言をするために以下のような技術文書〔technical file(technical documentation)〕を用います。

  • 製品の概要説明書
  • コンセプト設計図、製造図面、部品図、サブアッセンブリー図、回路図等
  • 図面や、計画、工程管理について理解するために必要な記述や説明
  • 整合規格のリストや他の関連技術資料
  • 設計計算結果、検査結果
  • 試験報告書等

技術文書は手続きが実施される加盟国の公用語が原則であり、ノーティファイドボディ(NB:公認認定機関)による製品確認などを得る場合はNBが許可したEUの公用語の1つで記述されなくてはなりません。
 技術文書は上市後10年間の保管が必要です。
 適合宣言書(附属書VI)は、上市する国の公用語に翻訳しなくてはなりません。

製品によってはRoHS指令以外にEMC指令、低電圧指令等の複数の指令の対象にもなっている場合があります。このような場合には、それらのすべての指令に適合していないと、CEマーキングは行えません。どの指令の対象になっているのか、事前に詳細な調査をしておくことをお勧めします。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ