本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:中国

RoHS検索

Q.260
中国に電子部品を輸出する計画です。中国RoHSの義務は調べたのですが、梱包材については、何に気をつければ良いでしょうか?

A.260

中国RoHSは第14条で梱包材に関する次のような義務を要求しています。

  • 電子情報製品の包装物を製造、使用する際、電子情報製品の有毒、有害物質または元素抑制に関する国家基準または業界基準に合致させる
  • 無毒、無害で分解しやすく、リサイクルに便利な材料を採用する
  • 生産または輸入する電子情報製品の包装物上に、包装材料の名称を記載しなければならない
  • 体積や表面の制限により製品上に記載できない場合は、製品説明書に明記しなければならない
  • 記載形式と方法は電子情報製品の有毒、有害物質または元素抑制に関する国家基準または業界基準に合致していなければならない

ここで合致が求められている基準は、電子情報製品汚染制御表示に関する標準「SJ/T 11364-2006」になります。この標準で国家標準である包装回収標識「GB 18455-2001」を引用し、電子情報製品の梱包材に「回収標識マーク」と「梱包材料コード」を表示することを定めています。

上記のとおり、貴社製品の梱包材に関する「梱包材料コード」と該当する「回収標識マーク」を確認し、梱包材(最大表面積が5×1,000平方mm以下の場合には取り扱い説明書)に明記することが必要となります。また、複数の梱包材を利用している場合には、中国当局のFAQによれば、「企業は製品包装物の最も外側の主な包装物上に回収標識を表示するだけでよいが、包装物の材料名の表示、梱包テープ、透明テープ、充てん物、製品保護、分離用の小型ビニール袋など補助包装物に対しても表示を行うことを奨励する」とされています。

なお、「GB 18455-2001」を改正した「GB/T 18455-2010」が2010年8月に発布され、2011年1月より施行されていますので、改正内容を確認の上、「GB/T 18455-2010」に準拠したマーク等の表示が求められます。

主な改正点は次の通りです。

  • 標準の種別を変更
    これまでは強制標準でしたが、推奨標準に変更されました。
  • 用語定義の修正
    第3章の用語や定義が修正されました。
  • 表示マークの修正
    これまでの回収マークである「再利用可能」、「再生材料含有」、「グリーンポイント」を削除され、「リサイクル可能」マークのみとなりました。また、マークの対象材料にプラスチックに加え、「紙」「アルミ」「鉄」が追加され、各々所定のマークが定められました。
    紙

    プラスチック

    プラスチック

    アルミ

    アルミ

    鉄

  • 梱包材料コードの修正
    プラスチック材料の略語が一部変更されました(「HDPE」を「PE-HD」に、「LDPE」を「PE-LD」)。
    材料術語 ポリグリコール
    テレフタレート
    高密度
    ポリエチレン
    ポリ塩化
    ビニール
    低密度
    ポリエチレン
    ポリ
    プロピレン
    ポリ
    スチロール
    番号 01 02 03 04 05 06
    略語 PET PE-HD PVC PE-LD PP PS
    ※生分解性プラスチックは 00

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ