ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

Q
EU2010年7月30日更新
Q.231 RoHS指令で規制されている6物質は将来的にREACH規則に統合されるのでしょうか?RoHS指令対応のために弊社で用いる蛍光X線分析装置の買い替えの参考にしようと思っています。

2009年12月14日、2010年3月19日に公開された改正RoHSの修正案が、2010年6月にEU議会の「環境、健康、食品安全」委員会で採択されています。採択された修正案からは、RoHS優先物質について多くの提案がなされています。優先物質として提案された物質にはREACHの認可候補物質が含まれています。

以下に具体例を示します。
 Amendment 87 Substances referred to in Article 6a(制限物質の見直し)
 1. Hexabromocyclododecane(HBCDD) and all major diastereoisomers  identified;
 2. Bis(2-ethylhexyl) phthalate(DEHP)
 3. Butyl benzyl phthalate(BBP)
 4. Dibutylphthalate(DBP)
 16. Alkanes, chloro(Short Chain Chlorinated Paraffins)
 17. Aluminosilicate RefractoryCeramic Fibres
 18. Anthracene
 19. Anthracene oil
 24. Bis(tributyltin)oxide(TBTO)
 25. Cobalt dichloride
 26. Diarsenic pentaoxide
 27. Diarsenic trioxide
 28. Diisobutyl phthalate
 31. Lead hydrogen arsenate

Amendment 88には、附属書IVに対する制限物質として、ナノシルバーとカーボンナノチューブが追加提案されています。
 Lead(0.1%)
 Mercury(0.1%)
 Cadmium(0.01%)
 Hexavalent chromium(0.1%)
 Polybrominated biphenyls(PBB)(0.1%)
 Polybrominated diphenyl ethers(PBDE)(0.1%)
 Nanosilver(detection limit)
 Long multi-walled carbon nanotubes(detection limit)

また、「REACHとRoHSの関係」について上述の修正案において以下の意見が提案されています。
 Amendment 9
 Justification
 It should be stated specifically that RoHS supplements REACH. RoHS and REACH have different objectives, scope, timelines, and outreach. RoHS was created to address the specific problems of a fast-growing waste stream, REACH addresses chemical substances at a general level, with no special focus on waste. REACH is a regional law still in its infancy, RoHS is already setting a global standard. Key problems with WEEE are due to polymers, which are exempted from REACH. RoHS should be further developed to address the specific problems of the recovery and disposal of WEEE at the origin.

【概要】(筆者訳)
 RoHSはREACHを補完するものであることを特に明確に記述すべきである。RoHSとREACHは目的、範囲、スケジュール等が異なっている。RoHSは、急成長する廃棄物問題への対処のために創設され、REACHは全般的な化学物質に対処している。REACHは、いまだ揺籃期にある地域的(regional) 法律であり、RoHSはすでにグローバルスタンダードとなりつつある。WEEEに関する重要課題は、REACHでは除外されているポリマーへの取組みである。RoHSはWEEEのリカバリーと処分問題への本質的な対処をさらに発展させねばならない。

さらに、2010年6月2日の議会の委員会の議事録では以下になっています。
 REACHとRoHSの関係
 Amendment 55 Proposal for a directive Article 6 b(new)
 Adaptation to REACH
 When new limitations on the placing of the market with regard to substances used in EEE are adopted pursuant to Regulation(EC)No 1907/2006, the relevant Annexes of this Directive shall be amended accordingly, corresponding to the sunset date for substances of very high concern for which no authorisation was granted, or to the date of application of the restriction, as the case may be.
 The Commission shall adopt such measures by means of delegated acts in accordance with Article 18.

【概要】(筆者訳)
 修正55 指令第6条(b)に対する提案
 EEEに使用される物質に関して、上市の新しい制限がREACH規則に準じて採択される場合、該当する指令の附属書は、認可が許可されない日没日あるいは制限が適用される日付と一致して修正されるべきである。委員会はそのような措置を第18条に従い、delegated acts により採用すべきである。

上述のように、相互に補完関係であるべきとされ、EEEへのSVHC使用の新規上市制限をREACHの認可や制限と調和させる提案等の今後のRoHSとREACHの動向を考慮されて、SVHC等の受入物質への蛍光X線分析装置の利活用のメリット、デメリット、限界等を勘案されて貴社の蛍光X線装置の老朽化対策をご検討いただければと考えます。

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク