本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.223
EPROMの端子を切り取って蛍光X線分析器で測定したところ、鉛が閾値以上の数値で検出されました。ガラスフリットの鉛の流出の影響も考えられますが、この場合の鉛も除外対象となるのでしょうか。

A.223

RoHS指令では均質材料に含まれる特定有害物質は最大許容値を超えてはならない、と定めています。一般的なEPROMを分解すると、パッケージ材料(セラミック、樹脂等)、封止材(ガラスフリット)、IC、ガラス、ワイヤー、端子などとなり、さらに均質材料に分解し、それぞれの単位で特定有害物質の含有量を測定して、RoHS指令の適合/不適合を判断することになります。
 ただし、RoHS指令の第5条では、以下のような除外要件を定めております。

  • 特定有害物質を含む材料が技術的あるいは科学的に代替できない場合
  • 特定有害物質を含む材料を代替した時の負の影響が環境や消費者の健康の便益を上回る場合

RoHS指令の附属書には、上述の除外要件を満たす特定有害物質に関する特定用途が収載されています。

お問い合わせの「端子」から検出された鉛については、以下の可能性があります。
 (1)端子の材料に使用されている合金に鉛が含まれていた。
 (2)端子の最外面が鍍金処理されていて、はんだ鍍金に鉛が含まれていた。
 (3)EPROMの部品同士の封着や絶縁に使用されているガラスフリットに含まれている鉛が流出した(お問い合わせのケース)。

(1)のケースでは、合金成分として、鋼材に含まれる重量比0.35%までの鉛および銅合金に含まれる重量比4%までの鉛は除外対象となります。

(2)のケースでは、はんだ鍍金に含まれる重量比0.1%までの鉛は除外対象となります。

(3)のケースでは、ガラスフリットも均質材料とみなされます。

ガラスフリットに関連する除外項目としては、#5の「ブラウン管、電子コンポーネント並びに蛍光管のガラスに含まれる鉛」が該当します。英国のガイダンスでは、具体的に封止用ガラスが除外されるとの記載はありません。適用除外の解説では、「電子部品に用いられるガラス中の成分としての鉛」とだけ説明されています。

2009年2月にÖko-Institut e.V.により提出された除外項目の見直し報告書では、「電子部品に用いられるガラス中の成分として」の鉛を代替する物質はまだ見出されていないとしています。ただ、これまでの除外項目の適用範囲の記述は広すぎるので、除外の適用範囲を明確にするために、現在の上述の除外を3項目に分割し、電子部品に使われるガラスについては、以下のように修正することを勧めています。

:電子部品用のガラスに含まれる鉛」の除外項目の記述の修正勧告案
 「2014年6月31日まで、ガラスまたはセラミック中、あるいは、誘電体以外のガラスまたはセラミックマトリックス中に含まれる鉛を含む電子、および、電気部品、2015年1月1日以前に上市され、その修理部品または再使用」

この記述からしますと、封止用のガラスフフリット中の鉛は、適用除外と考えることができます。

ここまでをまとめますと、以下のような結論となります。

  • 端子の使用材料を確認して、(1)のケースに該当する場合は除外対象となります。
  • 端子の最外面の加工処理方法を確認して、(2)のケースに該当する場合は、除外対象となります。

ガラスフリットに鉛が含まれている場合は、除外対象となります。

なお、既存の除外項目の見直しと新規の除外項目の検討が、2009年11月から1年間の予定で行われています。この最終報告の草案が、2010年11月までには出される予定です1)
 この中で、上述の勧告修正案では除外が期限付きになっていますので、今後の動向にはご注意ください。

1)http://rohs.exemptions.oeko.info/index.php?id=6

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ