本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

Q&A:EU

RoHS検索

Q.216
欧州議会で出された75項目のRoHS指令の修正案では、「第3条:定義」の産業用監視・制御機器について欧州委員会案の「産業用又はプロ用」を「産業用」に修正しています。この産業用とは製造工程での使用を意味するのでしょうか?

A.216

現行のRoHS指令では、適用範囲はWEEE指令を引用して、ご質問に関する「監視・制御機器」を除外しています。現行のWEEE指令の適用範囲は、附属書IAにカテゴリーを、IBに具体的な製品リストを示しています。
 ご質問の「監視・制御機器」はカテゴリー9でリストされ、具体的な製品リストとしては以下の製品が挙げられています。

【カテゴリー9に属する製品リスト】
煙検知器、ヒーティングレギュレーター、サーモスタット、家庭用または研究所機器としての測定器、はかりまたは調整機器、工場設備に使用されるその他の監視および制御機器(例:コントロールパネル)

欧州委員会の改定案では、適用範囲はRoHS指令付属書Iで規定し、WEEE指令でそれらを引用する形に修正されていました。さらに、付属書IIに具体的な製品群を拘束的リストとして明示しいます。

欧州委員会のRoHS改正案では、附属書Iで対応するカテゴリー9は「産業用(industrial)監視および制御機器を含む監視および制御機器」と記載されています。

さらに、附属書IIの拘束的な製品はつぎの通りです。
 煙検知器、ヒーティングレギュレーター、サーモスタット、家庭用または研究所機器としての測定器、はかりまたは調整機器、産業用監視および制御機器

すなわち、欧州委員会の改定案では、現行の指令とは、基本的に相違はないと考えることができます。

現行のRoHS指令では「定義」事項が少なく、不明確な部分が多くありました。そのため、不明確な部分は、WEEE&RoHSのFAQに説明されていました。今回の改正にあたっては、これまで不明確であった事項を明確にするために、定義の事項を増やしたと理解できます。「産業用監視および制御機器」もその1つです。
 欧州委員会の改定案での「『産業用監視および制御機器』は産業用又はプロ用に設計された監視および制御機器を意味する」との定義から、ご質問の「プロ用」の削除については、欧州議会の修正草案ではつぎのように説明がされています。

 「共同体の法律では通常、一般大衆とプロ、すなわち、産業界での使用は区別される。一般大衆とプロの区別は、加盟国ごとに異なる。一般大衆はプロ用の製品を使用することができるし、一方、プロは広く一般大衆に入手可能な製品を使用することがある。このことを考えると、さらにこの区別は曖昧になる。混乱を避けるために、「産業用監視および制御機器」の定義は、「産業用使用」に限定するべきである」(回答者訳)

以上から判断しますと、ご質問の「プロ用」の、欧州議会の草案からの削除は、「産業用(industrial)使用」が工場用に限定されるものではなく、曖昧さを避けるためのものです。改定案が成立した場合には、工場で使用されるものも含め、広く使われる機器を包含するとして、対応される必要があると考えます。
 なお、欧州議会の修正草案では、適用範囲を、従来の10カテゴリーに加えて、すべての電気・電子機器として、ケーブル、消耗品、附属部品を含める提案となっていますので、今後の動向には注意が必要です。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ