ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

2018.06.15

RoHS(II)指令附属書IIIの適用除外用途の改正法の官報公示

掲題RoHS(II)指令(Directive 2011/65/EU:以降「RoHS(II)指令という」)附属書IIIの適用除外用途の見直し要求に対し、欧州委員会(以降「EC」という)は2018年5月18日に以下の7種の適用除外用途を改正する委員会委任指令(COMMISSION DELEGATED DIRECTIVE)を官報公示1)しました。
 RoHS(II)指令附属書IIIの適用除外用途はそれぞれの除外用途ごとに除外期限が定められており、当該除外用途の見直し(新規用途の追加、期限延長、取下げなど)の要求があれば、RoHS(II)指令第5条および附属書Vに従い、除外期限の18カ月前までに見直し要求手続きを行うよう規定されています。
 今回の決定(改正の官報公示)は産業界からの除外用途の見直し要求に基づいてECがPack 9として該当する適用除外要求についてOeko-InstitutおよびFraunhoher IMZに調査を委託し、その最終報告書2)に基づいてRoHS(II)指令第5条の科学と技術の進歩の適用の可能性を検討し、除外用途見直しを法案に反映させたものです。
 今回の改正内容は2017年9月に世界貿易機関(WTO)にTBT通報されていたものが正式法令として官報公示されたものです。Pack 9は、RoHS(II)指令附属書IIIに収載されている適用除外用途のうち、除外期限が2016年7月21日となっていた29種が対象となっていたものです。最終報告書は2016年6月に公表されていましたが、それに対する業界団体などから提出された多様かつ多数な意見を吸収するため決定が遅れ、29種の適用除外用途の中の一部(7種)が今回の委員会委任指令の対象となっています。

WTOへのTBT通報内容は以下の(1)~(7)です。

ちなみに、TBT通報における適用除外用途および除外期限と今回公布された委員会委任指令のそれとの相違はありません。

以下に、7種の委員会委任指令の内容を紹介いたします。それぞれの委員会指令は、すべて鉛の含有に関連している適用除外用途について以下の観点から「科学と技術の進歩」に鑑みて適用除外用途の見直しを検討し、製品カテゴリーごとに除外期限を見つめています。

  • i)設計変更による除去、代替または附属書IIに特定されている材料、部品を必要としない材料、部品への代替の科学的、技術的な可能性
  • ii)代替品の信頼性の担保
  • iii)代替品に起因する環境、健康および消費者安全の負の影響が、総合的な環境、健康および消費者安全の便益を上回る可能性

それぞれの委員会委任指令に対して加盟国は、2019年6月30日までに国内法への転換を行い、2019年7月1日から施行することを要求されています。

委員会委任指令 適用除外用途内容 適用対象および期間
Commission Delegated Directive
(EU)
2018/736
7(c)- I
コンデンサ中の誘電セラミック以外のガラスまたはセラミック中に鉛を含む電気電子部品(圧電素子など)およびガラスまたはセラミックの化合物中に鉛を含む電気電子部品
カテゴリー1-7および10(34項でカバーされる製品は除く)
2021年7月21日まで
カテゴリー8、9(体外診断医療装置、産業用監視制御機器を除く)
2021年7月21日まで
カテゴリー8の体外診断医療装置
2023年7月21日まで
カテゴリー9の産業用監視制御機器
2024年7月21日まで
Commission Delegated Directive
(EU)
2018/737
24
円盤状および平面状アレイセラミック多層コンデンサの機械加工スルーホールのはんだ付け用はんだ中の鉛
除外期限は以下
・カテゴリー1-7および10は2021年7月21日
・体外診断装置および産業用監視制御機器以外のカテゴリー8と9は2021年7月21日
・カテゴリー8の体外診断医療装置は2023年7月21日
・カテゴリー9の産業用監視制御機器は2024年7月21日
Commission Delegated Directive
(EU)
2018/738
34
サーメットベースのトリマー電位差計の構成部品中の鉛
すべてのカテゴリーに適用、除外期限は以下
・カテゴリー1-7および10は2021年7月21日
・体外診断装置および産業用監視制御機器以外のカテゴリー8と9は2021年7月21日
・カテゴリー8の体外診断医療装置は2023年7月21日
・カテゴリー9の産業用監視制御機器およびカテゴリー11は2024年7月21日
Commission Delegated Directive
(EU)
2018/739
6(a)
機械加工用途の鋼材および亜鉛めっき鋼中に合金元素として含まれる0.35wt%までの鉛
除外期限は以下
・体外診断装置および産業用監視制御機器以外のカテゴリー8と9は2021年7月21日
・カテゴリー8の体外診断医療装置は2023年7月21日
・カテゴリー9の産業用監視制御機器およびカテゴリー11は2024年7月21日
6(a)- I
機械加工用途の鋼材中の合金元素として含まれる0.35wt%までの鉛と溶融亜鉛めっき鋼中に含まれる0.2wt%までの鉛
カテゴリー1-7および10に対し除外期限
2021年7月21日
Commission Delegated Directive
(EU)
2018/740
6(b)
アルミニウム中に合金元素として含まれる0.4wt%までの鉛
除外期限は以下
・体外診断装置および産業用監視制御機器以外のカテゴリー8と9は2021年7月21日
・カテゴリー8の体外診断医療装置は2023年7月21日
・カテゴリー9の産業用監視制御機器およびカテゴリー11は2024年7月21日
6(b)- I
鉛含有アルミニウムスクラップのリサイクルに由来するアルミニウムに合金元素として含まれる0.4wt%までの鉛
カテゴリー1-7および10に対し除外期限
2021年7月21日
6(b)- II
機械加工用のアルミニウム中の合金元素として含まれる0.4wt%までの鉛
カテゴリー1-7および10に対し除外期限
2021年5月18日
Commission Delegated Directive
(EU)
2018/741
6(c)
銅合金中の4wt%までの鉛
除外期限は以下
・カテゴリー1-7および10は2021年7月21日
・体外診断装置および産業用監視制御機器以外のカテゴリー8と9は2021年7月21日
・カテゴリー8の体外診断医療装置は2023年7月21日
・カテゴリー9の産業用監視制御機器およびカテゴリー11は2024年7月21日
Commission Delegated Directive
(EU)
2018/742
7(a)
高溶融温度タイプはんだ中の鉛(すなわち、85wt%超を含有している鉛ベース合金)
・カテゴリー8の体外診断医療装置は2023年7月21日
カテゴリー9の産業用監視制御機器およびカテゴリー11は2024年7月21日

上表中の6(a)- IIの溶融亜鉛めっき鋼中に含まれる鉛が0.2wt%となったことについて、最終報告書18.6 Recommendation欄に以下の記載があります。
 「溶融亜鉛めっき鋼の除外については、鉛は大部分が亜鉛めっき槽中の非意図的な不純物であるのでより低い閾値での提案が関連する申請者間で合意され、見直しの最長有効期間5年が提案されている。」

(瀧山 森雄)

1)https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=OJ:L:2018:123:TOC
 2)http://rohs.exemptions.oeko.info/fileadmin/user_upload/RoHS_Pack_9/RoHS-Pack_9_Part_LAMPS_06-2016.pdf
 http://rohs.exemptions.oeko.info/fileadmin/user_upload/RoHS_Pack_9/RoHS-Pack_9_Part_SOLDERS_06-2016.pdf
 http://rohs.exemptions.oeko.info/fileadmin/user_upload/RoHS_Pack_9/RoHS-Pack_9_Part_ALLOYS-MISC_06-2016.pdf

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク