本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

コラム

RoHS検索

13.11.22

RoHS指令の使用制限物質の見直し第4次意見募集

欧州委員会は10月22日にRoHS指令(Directive 2011/65/EU)の使用制限物質(附属書IIに収載)の見直しに対する第4次意見募集(4th Internet Consutation)を開始したことを発表しました1)

この第4次の意見募集においては、すでにRoHS指令の制限物質への追加候補として特定されている下表に掲げる4物質の評価文書案に対して11月11日までに意見の提出を求めています。

今回公表された評価文書案での結論は、4物質すべてRoHS指令附属書IIへの追加を勧告する内容となっており、最大許容濃度は、フタル酸エステル類(DEHPDBPBBP) が均質材料当たり0.1重量%、HBCCD類がPOPs規則(850/2004/EC)附属書IVに合わせるように提案されています。

物質名(英語名) 物質名(和名) CAS番号
Hexabromocyclododecane : HBCCD ヘキサプロモシクロドデカン類 25637-99-4 , 3194-55-6
Bis (2-ethylhexyl) phthalate : DEHP フタル酸ビス (2-エチルヘキシル) 117-81-7
Dibutyl phthalate : DBP フタル酸ジブチル 84-74-2
Benzylbuthyl phthalate : BBP フタル酸ブチルベンジル 85-68-7

RoHS指令の第6条の規定においては、欧州委員会に対して2014年7月22日までに制限対象物質の見直しを求めており、上記の意見募集はこの見直しの一貫として行われています。今回の意見募集の結果は、12月20日に最終報告書が提示される予定となっています。

公表された個々の4物質の評価文書案における結論草案(Draft Conclusion)は以下の内容となっています。

1.フタル酸エステル類(DEHP、DBP、BBP)

DEHP、DBP、およびBBPをRoHS指令の附属書IIに含むことを推奨する。

【理由】
  • 安全でなく制御されない作業条件下で引き起される人の健康リスクが予期される。
  • 第三国において作業者および近隣住民に対するリスクが予期される。
  • 第三国における環境に対するリスクが予期される。
  • 該当するすべてのWEEE処理プロセス、すなわち、破砕処理場における材料のハンドリング、WEEEから生ずるケーブルの破砕およびPVCのリサイクリングにより生ずる環境に対するリスクが予期される。
    (2次的中毒による哺乳類、鳥類への影響に対して)
  • WEEEが破砕される場合、サイトからの放出は、ダスト排出の予防措置が不十分である時には固体廃棄物の処理プロセスからの全般的なDBP放出の誘因である。
  • WEEEが破砕される場合、サイトからの空中へのBBPの放出量はあらゆる他の廃棄処理からのBBPの放出量に比べ多い。
  • 廃棄物管理に考慮すべき負の影響がある(EUにおけるDEHP、DBPおよびBBPの全般的な制限によりリサイクルの削減の可能性、危険廃棄物の相当な量の発生)。
  • 負の影響のより少ない代替品が利用可能で、技術的、経済的に実現可能である。
    (個別フタル酸エステルにおける例)
物質名 負の影響のより少ない代替品の例
DEHP Alkylsulphnic phenylesterまたはDi-isononyl-cyclo-hexane-1,2dicarboxylate
DBP Alkylsulphnic phenylesterまたはDi-isononyl-cyclo-hexane-1,2dicarboxylate
BBP Glycerol triacetate
  • 社会経済分析においては、EEE中のDEHP、DBP、BBPを制限すれば、限られた追加コストで相当な追加便益を見出している。
 

EEE中の許容されるべきDEHP、DBPおよびBBPの最大濃度は、それぞれ均質材料あたり0.1重量%を提案する。

2.HBCDD

HBCCDをRoHS指令附属書IIに含めることを推奨する。

【理由】
  • WEEEの破砕およびHIPS(High impact polystyrene)を含んでいるHBCCDのリサイクリングの両者により引き起される環境に対するリスクが予期される。
    (水生区分および第2次中毒のため)
  • プラスチックを含んでいるHBCCDのリサイクリングに従事する作業者の人健康リスクが予期される。
  • 特に第三国における近隣住民に対するリスクが予期される。
  • WEEE処理からの全体的な放出は、空中へのトータルなHBCCD放出の誘因である。
  • 廃棄物管理に関するいくつかの負の影響がある(WEEEプラスチックに対するリサイクリングの可能性の減少、危険廃棄物の相当な量の発生、プラスチックを含むHBCCDが処理される場合、処理プラントでの腐食、リサイクリングループで長期滞留等)。
  • 負の影響のより少ない代替物は利用可能で、特にP-ベースの難燃剤において技術的、経済的に実現可能である。
  • 社会経済分析は、EEE中のHBCCDを制限すれば、追加コストがなく、幾らかの便益を見出している。

EEE中の許容される均質材料あたりのHBCCDの最大濃度に対しては、ほとんどのPOPsに対するEUのPOSs規則(850/2004/EC)附属書IVによりPOPs廃棄物のために定義されていると同様に規定することを提案する(すなわち0.0005%)。

1)
http://ec.europa.eu/environment/waste/rohs_eee/review/news_en.htm

(瀧山 森雄)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ