本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

コラム

RoHS検索

12.09.14

EU RoHS(II)・FAQ案のケーブルに関する論点の整理

EU RoHS(II)の施行日が近づき、FAQ案が出されてRoHS(II)も現実になってきました。FAQ案のなかでの論点である「大型」「大型工具」「大型装置」の解釈「CEマーキング」対応について本コラムで解説しました。

最近は、RoHS(II)の「ケーブル」に関する質問が多く寄せられてきています。FAQ案の中の「ケーブル」に関する論点を整理してみます。

1.適用範囲

ケーブルは、第3条1項の電気電子機器(EEE)の定義に該当するか、または第3条5項のケーブルの定義(250v未満で機器に電源コンセントとの接続、機能拡張や2つ以上の機器の接続のための機能)に該当すれば、RoHS(II)の規制の対象になります。ケーブルは、「適切に機能を発揮するために電流と電磁界に依存しており、そのような電流と電磁界を移送するために使用」されますので、ほとんどのタイプのケーブルはこの定義に該当すると思われます。
  ケーブルは次の2分類があります。

  • ケーブルは上市されるEEEの一部となる、すなわちEEEに本来的に備わる「内部」配線ケーブル(以下 内部ケーブル)
  • EEEに付帯して外部的にEEEに接続する「外部」配線ケーブル(以下 外部ケーブル)

内部ケーブルはEEEの内部の個々のコンポーネントを接続しますが、それ自体が第3条5項の「ケーブル」に該当しません。
  内部ケーブルは、EEEに本来的に備わるものとされています。そのEEEがRoHS(II)の適用範囲であれば、他の電子部品と同様に特定化学物質の非含有義務があります。
  外部ケーブルは第3条5項の定義に合致すれば適用されます。外部ケーブルは「EEEと一体となっている場合」「単体で販売される場合」「コネクターが付いていない場合」があり、「RoHS(II)の適用範囲になる場合」「CEマーキングの義務がある場合」や「適用時期の違い」などがあります。

2.外部ケーブルの事例

(1)特殊ケーブル
  SCARTケーブル、HDMIケーブル、ファイバー・ケーブル、ネットワークケーブルなどの特殊なケーブルは、例えば音声、データ、映像などを移送するのに使用されます。これらは、すでにRoHS(I)の規制の対象になっており、したがってRoHS(II) の規制の対象になります。
  これらケーブルは、カテゴリー3または4の製品群になります。

(2)EEEと一緒に上市される外部ケーブルの扱い
  i.基本
  ケーブルの中には、EEEと一緒に販売されるか、EEEに接続されるものもあります。もしケーブルがEEEに接続されていれば、このケーブルは内部ケーブルと同様に、EEEと同じ要件を満たさなければなりません。したがって、EEEがRoHS(II)の規制の対象になっている場合、これに接続されているケーブルも同じく対象になります。

ii.移行期間中のEEEと一緒に上市される外部ケーブル
  EEEがRoHS(II)の規制の対象になるが、RoHS(I)の規制の対象ではなく移行期間中にある場合、同じ要件がケーブルにも適用されます。

iii.RoHS(I)およびRoHS(II)の規制の対象にもならないEEEと一緒に上市される外部ケーブル
  EEEが規制の対象外であればケーブルにも適用されますので、ケーブルも規制の対象外です。
  要約しますと、ケーブルがEEEと一緒に販売されるか、EEEに接続されている場合には、RoHS(II)を順守することを求められている場合は、ケーブル自体もRoHS(II)を順守しなければなりません。
  ただ、ケーブルがEEEと一緒に上市された場合は、そのケーブルがあたかもEEEに接続されているかのように、EEEと同じ要件と同じ方法で従わなければなりません。

(3)単独の製品として個別に上市される外部ケーブルの扱い
  ケーブルを単独または単体のEEE として上市する場合は適合宣言を行ない、CEマークをつける必要があります。
  i.コネクターが両端についている外部ケーブル
  両端にコネクターがついている延長コード、ケーブル・ローラー、ケーブルつきのマルチタップなどの「既製の」ケーブルは電流の移送のための単一または多様な用途のケーブルとなりカテゴリー2の製品群になります。USBケーブルのような比較的単純なケーブルもカテゴリー2の製品群になります。

ii.コネクターがどちらか一端または両端ともについていない外部ケーブル
  EEEのコンポーネントやパーツは、通常はRoHS(II)の直接規制の対象にはなりません。コネクターがどちらか一端または両端ともについていない外部ケーブルは、例えば、照明器具と接続するために容易に使用することができます。
  このため、第3条5項のケーブルの定義に該当し、第4条1項の規制にかかわることになります。したがって、コネクターがどちらか一端または両端ともについていないケーブルは、RoHS(II)の規制の対象になり、カテゴリー11の製品群になります。
  なお、個別に上市されるケーブルで、定格電圧が250ボルトを超えるものは、RoHS(II)の規制の対象にはなりません。

3.適用除外

適用除外は、RoHS(II)の附属書に示されており、ケーブルも適用されます。

  • 附属書Ⅲ:物質の使用制限の適用除外で、規制対象になるすべてのEEEに関するもの(医療機器、監視制御機器を含む)
  • 附属書Ⅳ:物質の使用制限の適用除外で、医療機器、監視制御機器に特有のもの
RoHS(II)の適用除外の最大有効期間
適用除外 附属書IIIによる適用除外 附属書IVによる適用除外
EEEのカテゴリー 期間終了日が
特定されている
期間終了日が
特定されていない
期間終了日が
特定されている
期間終了日が
特定されていない
カテゴリー1から7までと10 2011.7.22から
特定の日まで
2011.7.22から2016.7.21まで 対象外 対象外
カテゴリー8と9 一般 2014.7.22から
特定の日まで
2014.7.22から2021.7.21まで 2014.7.22から
特定の日まで
2014.7.22から2021.7.21まで
カテゴリー8 体外診断用 2016.7.22から
特定の日まで
2016.7.22から2023.7.21まで 2016.7.22から
特定の日まで
2016.7.22から2023.7.21まで
カテゴリー9 工業用 2017.7.22から
特定の日まで
2017.7.22から2024.7.21まで 2017.7.22から
特定の日まで
2017.7.22から2024.7.21まで
4.中国RoHS管理規則のケーブルの扱い(参考)

中国RoHS管理規則は源流管理であり、最終製品だけでなくサプライチェーン全体を対象としています。対象製品は「分類注釈」として発行されていますが、このなかに「電子電線ケーブル」が入っています。
  自発認証実施規則の製品目録の電子コーポーネント製品群に「電子電線ケーブル」が収載されています。中国RoHS管理規則は源流管理ですので、内部ケーブル、外部ケーブルの両方に適用され、含有マークまたは非含有マークまたはRoHSマークの対象となります。

(松浦 徹也)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ