ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

2009.04.10

塩ビ(PVC)類は全廃?

2009年1月14日にSVHCの候補物質(Candidate List)の15物質から7物質が認可対象推薦物質として発表されました。7物質とその典型的な用途は次になります。

  • 5-tert-butyl-2,4,6-trinitro-m-xylene(musk xylene)
    化粧品などの香料・洗浄剤、吸収剤・吸着材、表面処理剤、芳香剤・防臭剤
  • 4,4'-Diaminodiphenylmethane(MDA)
    ポリウレタン樹脂及び塗料の硬化剤
  • Alkanes, C10-13, chloro(SCCPs)
    金属工作油の添加物、ゴム、塗料とコーティング、密閉材/接着剤、なめし革加工、並びに織物に加えるなど
  • Hexabromocyclododecane(HBCDD) and all major diastereoisomers identified
    発泡ポリスチレン等の難燃剤、接着剤の硬化促進剤、繊維のコーティング用等
  • Bis(2-ethylhexyl)phthalate(DEHP)
    塩ビの添加剤など
  • Dibutyl phthalate(DBP)
    ポリウレタン原料、ラッカー、接着剤、レザー、印刷インキ、染料、殺虫剤など
  • Benzyl butyl phthalate(BBP)
    ポリサルファイド系樹脂の可塑剤、シーリング材は、シール材、コーキング材、シーラントなど

2008年12月3日にRoHS指令の改正案を出され、注目を集めたのが評価物質として特定された4物質(HBCDD、DEHP、BBP、DBP)で、4物質共に認可対象推薦物質に入っています。

傾向として、樹脂の可塑剤としての用途が多く対象となっています。ことにDEHPが制限されると塩ビが使えなくなるとして、塩ビの用途は幅が広く、戸惑いも広がっています。

塩ビにDEHPを添加することで柔軟になるので、建材などの硬質PVCは数%ですが、用途により50%程度まで混入することもあります。

樹脂の可塑剤、ことに塩ビが注目されようになったのは、2000年7月26日のGREEN PAPER Environmental issues of PVC(注1)の影響が大きいと思います。グリーンペーパーの中では、「塩ビから可塑剤類が浸出する可能性は高い」「塩ビ焼却による有害廃棄物は環境汚染の恐れが強い」分析しています。REACH規則の認可物質やRoHS指令での認可対象推薦物質指定などの背景理由も同様です。

塩ビの焼却上の問題と、有害成分として特定された可塑剤の除去が課題ですから、塩ビが全廃になるとは思えませんが、用途制限は厳しくなると思われます。このグリーンペーパーの発行頃から、消費者活動団体などが、塩ビ玩具の規制を強く働きかけをしています。EUは理念を明確にして、徐々に手順を具体化していきます。昔から塩ビと塩ビ可塑剤には厳しい要求があり、EU域内企業は徐々に対応をしてきています。

塩ビや可塑剤規制はREACH規則やRoHS指令の共通の考え方です。その基本理念がこのグリーンペーパーに示されており、塩ビの今後の規制もまた、その方向性が見えてくると思います。このグリーンペーパーは古い資料に属しますが、再確認しておく価値がありそうです。

注1:http://ec.europa.eu/environment/waste/pvc/en.pdf

(松浦 徹也)

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク