本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

コラム

RoHS検索

08.03.21

こどもは単なる小型の大人に非ず

WHO(世界保健機関)では、2007年7月20日に子どもの化学物質への暴露とその成長への影響について報告書を発表しています。以下にその内容を要約してご紹介します。

報告書によりますと、子どもが発育過程で被った化学物質への暴露の大きさがその成長に大きく影響するという事実が報告されています。WHOのInternal Research Unit leaderのDr. Terri Damstraは、「子どもは単なる小型の大人ではない。子どもたちは、環境要因にさらされると、特に影響を受けやすく、大人とは違った反応をする。その反応は、子どもたちが直面している発育期の違いにより異なってくる。例えば、彼らの肺は誕生したばかりのときには未だ十分に発育していない。さらに、8歳になってすら未発達の状態である。肺の成熟は、子どものときに呼吸器に悪影響を及ぼすような大気汚染により影響される。それが、その人の後半生において慢性呼吸器疾患の原因になることがあり得る。」と述べています。

大気と水質の汚染、食物中の殺虫剤(農薬)、土壌中の鉛はほかの環境脅威と同じように成長期の子どものデリケートな器官に影響を与え、病気の発生や悪化の原因となる可能性があり、子どもの成長期において、さまざまな問題を誘発します。幼少期における世界的に重大な疾病の30%以上はその原因が環境要因に帰せられるものです。

子どもはダイナミックな成長と発達期を通してライフステージで異なった影響を受けます。胎児期および出生時の発育過程での環境暴露による健康影響の例には、流産、死産、低体重、出生異常、幼児期における死亡率、喘息、神経行動および免疫障害、青年期における思春期の遅速などが含まれています。がん、心臓病のような特定の大人の病気のリスクの増加は、子ども時代の特定な環境における化学物質への暴露によることが分かっています。

子どもは程度の低い、貧しい環境におかれると影響を受けやすいものです。恵まれない環境、栄養失調の子ども達は最も苦しい状況におかれています。このような子どもたちは、不健康な家庭での生活を強いられ、清潔な水が欠乏し、衛生サービスに恵まれていません。そして、健康治療や健康教育にほとんど無縁な状況にあります。例えば、鉛は食物のカロリー、鉄分、カルシウムの欠乏をもたらす有毒物質であることが知られています。世界の最貧国の5人に1人の子どもは環境に関連した疾病により、5歳まで生存することができない状況におかれています。

この新しい研究では、胎児生成期、胎児期、幼年期、青年期のそれぞれの発育過程を含んでおり、子どもの成長のそれぞれの段階における環境暴露、生物学的感受性と社会経済学と栄養面の要因間の相互作用の理解の必要性が中心課題になっています。

この作業は、18カ国を代表する専門家がその知見、専門知識、ガイダンスを提供するために召喚され、科学的な正確性と客観性を確実にする24名の科学専門家のアドバイザリーグループによって実施されています。いったん、テキストが完結すると、レビューとコメントを求めるために世界中の100を越えるコンタクトポイントに送られました。そして、2ヵ月間の外部レビューとコメントを求めて、WHOの化学物質安全国際プログラム(IPCS)のWeb siteが利用されています。

引用したドキュメントは以下のURLから入手できます。

http://www.who.int/mediacentre/news/notes/2007/np27/en/print.html

以上の警告を踏まえ、欧州委員会は2008年1月25日に「EUにおける玩具の安全を改善するための手段」を提出し、玩具への高懸念物質の含有規制の強化を求めて玩具指令(88/37/EEC)の改定を提案しています。

改定の主な内容は、以下の2点です。

  1. 最近特定された危害に適合するための新しい安全要求の基準を設けること
  2. 玩具の上市に対する製造者および輸入者の責任強化と加盟国の市場監視義務の高度化の要求

また、米国においても特に子どもの健康保護の観点から鉛、水銀などの厳しい規制が立法化されています。さらに、特定有害化学物質の電気、電子機器などへの含有規制がEU RoHSをはじめ、後続の各国法令において同様の含有規制が法制化されています(中国版RoHS、韓国版RoHS、米国版RoHS等)。

(瀧山 森雄)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ