本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

コラム

RoHS検索

07.12.28

京都議定書とEuP指令そしてDfE

2008年1月1日に京都議定書の第1約束期間が始まり、日本は90年度比6%削減の義務が生じます。京都議定書では先進国に削減義務が課せられ、全体で5%の削減が目標となっています。EU全体は8%削減義務ですが、加盟国で再配分して、ドイツは21%、イギリスは12.5%の削減をしますが、フランスは0%、スペインは15%増などになっています。

地球温暖化というグローバルな問題ですから、削減義務が少ない国であっても、削減努力は必要で、EUではさまざまな取組みをしています。

IEA(International Energy Agency:国際エネルギー機関)のWorld Energy Outlook 2004 Editionによれば、2002年比2030年のエネルギー起因CO2排出量は先進国(OECD)127%、移行国143%、途上国223%で、2030年の世界全体での先進国の排出量比率は53%から41%になります。途上国の省エネが大きな課題になります。

途上国に削減義務を課すことは政治的な背景があり、論議が分かれるところですが、先進国が途上国に輸出する製品を省エネ設計(Eco-Design)製品とする意義は高いものがあります。日本では資源有効利用促進法による特定製品について、省令で環境配慮設計が企業責務として示され、EUではEuP(Directive on Eco-Design of Energy-using Products)指令で省エネ設計が要求されています。

EuP指令は、ニューアプローチ指令でCEマーキングが導入される強制的な規制となります。EuP指令の理念が前文で次のように示されています。

  • EuPs(energy-using products)の待機中およびオフ時のエネルギー消費を必要最低限まで削減する。
  • 環境パフォーマンスの包括的アプローチを目標として、エネルギー効率を高めることで、地球温暖化ガスの削減は作業計画が決まるまで優先的な環境目標と捉えるべきである。
  • 強制的規制より業界自主規制が迅速、低コストで政策目標を達成できる場合は、自主規制を優先する。
  • EuPsを域内に上市し自由に移動させるために「CE適合マーク」の表示をする。
  • 現行の有害物質に関する規制はEuP規制を整備するうえで配慮する。
  • EuP指令はWEEE指令、RoHS指令、特定危険物質および調剤の上市と使用制限指令(76/769/EEC)を補完する。既存の指令と相乗効果による影響力の強化と一貫性のある要求とする。

EuP指令は、2008年から始まる地球温暖化防止の施策の一つであり、化学物質規制とトレードオフにしない対応が要望されます。EuP指令もいよいよ対応しなくてはなりませんが、対象製品(20万台以上販売製品)は個々に基準が定められます。先行19品目についての準備が関係工業会などで進められています。次の品目は最終報告書が入手できます。

ほかは草案やプロジェクト活動中です。さらに、2008年度の優先品目も工作機械、工業用、実験室用の炉、オーブンや電気機械工具など25品目が上げられています。今後の留意点として、EuP指令は第2条の定義のなかで、最終製品だけでなく、部品も対象となる記述になっています。

・・・including parts dependent on energy input and intended to be incorporated into an EuP covered by this Directive which are placed on the market and/or put into service as individual parts for end-users and of which the environmental performance can be assessed independently.

これらEuP指令以外にも、韓国RoHS法、カリフォルニアRoHS法、中国RoHS管理規則など次々と新たな要求が出てきています。これからの企業対応は、RoHS指令、REACH規則あるいはEuP指令対応を個別に行うのではなく、総合したDfE(環境配慮設計)をすることが必要となります。

「総論から各論」へ、「法令解釈から自社製品対応」が新たな潮流です。今後、DfEが企業の大きな施策となると思います。

(担当:松浦 徹也)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ