本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

コラム

RoHS検索

07.02.23

3月1日の準備はできていますか?

中国RoHS管理方法がいよいよ3月1日から施行されます。EU RoHS指令対応の一環として対応をしてきたので準備完了宣言している企業がある一方、何をどこまで対応するべきか情報収集をしている企業も多くあります。

3月1日に向けての対応を整理してみましょう。

3月1日の位置づけは、1stステップと言われますが、法の適用対象となる電子情報製品(注1)すべてについて、表示義務などが生じます。

EU RoHS指令と同じ特定有毒有害物質の含有制限は、2nd ステップと言われますが、対象製品は重点管理目録に登録された品目が対象となります。同時に、目録登録品目はCCC制度の対象となります。2月初旬現在では目録は空白ですので、法の適用対象となる電子情報製品のすべてが除外となります。

逆の見方をしますと、3月1日からは、特定有毒有害物質の含有制限とCCC制度は適用されません。

3月1日からの輸出製品の表示義務は、大別しますと2つになります。

1.製品有害物質含有表示

SJ/T 11364-2006(表示要求)により、グリーンマーク、リサイクル・環境保全使用期限表示をします(図1)。同時に、取り扱い説明書などで有害物質の含有部位を表で明確にします。

J-Mossと同じ考え方です。

中国RoHS管理方法とJ-Moss 表示マーク

中国RoHS管理方法

特定有毒有害物質の最大許容濃度(限度要求)は、 SJ/T 11363-2006 でカドミウムは0.01wt%、そのほかの5物質(ただし、Deca-BDEは除く)は0.1wt%でEU RoHS指令と同じ値です。

RoHS管理方法は、EU RoHS指令の除外はありませんので、例えば銅材などの鉛含有が0.1wt%を超えればオレンジマーク(図2)を付け技術的理由を表に追記できます。測定方法は、SJ/T 11365-2006としてIEC62321をベースにして標準化されています。

2.包装材の表示

RoHS管理方法は包装材について、次の義務を要求しています。

  • 電子情報製品の包装物を製造、使用する際、電子情報製品の有毒、有害物質または元素抑制に関する国家基準または業界基準に合致させる。
  • 無毒、無害で分解しやすく、リサイクルに便利な材料を採用する。
  • 生産または輸入する電子情報製品の包装物上に、包装材料の名称を記載しなければならない。
  • 体積や表面の制限により製品上に記載できない場合は、製品説明書に明記しなければならない。
  • 記載形式と方法は電子情報製品の有毒、有害物質または元素抑制に関する国家基準または業界基準に合致していなければならない。

国家基準がGB18455-2001(リサイクル標識)です。

GB18455-2001 リサイクル標識

3.自己宣言

2006年11月の情報産業部のホームページでは、3月1日からの表示は、3つの標準に従って自己宣言(自我声明)でよいとされています。

3つの標準は、SJ/T 11363-2006(限度要求)、SJ/T 11364-2006(表示要求)、SJ/T 11365-2006(測定方法)です。

3つの標準、FAQやGB18455はAeAのホームページで英訳版が公開されています。

(注1)

  • 電子レーダー製品
  • 電子通信製品
  • ラジオ・テレビ製品
  • コンピュータ製品
  • 家庭用電子製品
  • 家庭用電子製品
  • 電子専用製品
  • 電子部品
  • 電子応用製品
  • 電子部品、材料を使用した製品

品目明細はAeAのホームページで英訳版は公開されています。

(注2)

AeAのホームページ

http://www.chinarohs.com/

http://www.aeanet.org/GovernmentAffairs/gabl_ChinaRoHSpage0905.asp

http://www.aeanet.org/governmentaffairs/gajl_ENGLISH_GB18455_1206.asp

(担当:松浦 徹也)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ