本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

コラム

RoHS検索

06.12.01

中国とEUの動向

1.EUの動向

2006年10月14日に、RoHS指令の新除外項目のNo.21からNo.29の除外が官報で正式に告示されました(詳細11 月10日コラム参照)。続いて、11月9日にRoHS指令の23項目の除外に関する意見募集(インターネットコンサルテーション)が2007年1月10日締め切りで行うとの発表がありました。

この中で、意見募集した内容がそのまま除外決定がされたり、TACに提案されることはありませんが、次の除外に関する意見募集は注目に値します。

15.All electronics assemblies using lead in solder; (鉛はんだ)

18.Hexavalent Chrome Cr-VI when used as a passivate;(6価クロム化成皮膜処理)

詳細は下記にあります。

http://ec.europa.eu/environment/waste/rohs_6_consult.htm

10月19日のELV指令の除外に関する意見募集が12月20日を締め切りで行う発表がありました。除外の期限の見直しや重金属規制の見直しなどを内容としています。

詳細は下記にあります。

http://ec.europa.eu/environment/waste/pdf/consult_elv.pdf

http://ec.europa.eu/environment/waste/pdf/consult_elv2.pdf

2.中国の動向

2006年11月14日に中国情報産業部は、RoHS管理方法に関する3つの標準規格が11月6日に公布され、間もなく配布されると発表しました。電子工業標準化技術協会は11月8日に標準規格の説明会が100名を超える聴衆を集めて開催されたと発表しました。 公布された標準規格は次です。

  • SJ/T 11363-2006:最大許容濃度
  • SJ/T 11364-2006:標識
  • SJ/T 11365-2006:測定方法>

3つの標準規格が公布されましたので、2007年3月1日には、標準規格による測定、表示が求められることになりました。

詳細は下記にあります。

http://www.mii.gov.cn/art/2006/11/14/art_2001_26862.html

3.リスクマネジメント

規制や除外情報は、めまぐるしく行き交っています。ある日突然、予想していなかった規制通告を受けますと、大きな影響を受けます。同じ規制内容であっても、知っていれば対応はできます。

規制内容をいかに早く入手し、予め手当てをするかが、企業経営のリスクを下げる大きな課題です。

インターネットコンサルテーションの内容、TACの審議内容や議会、理事会の動向などの情報を法規制告示前に集めておくことが肝要です。

(担当 松浦徹也)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ