本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

コラム

RoHS検索

06.11.17

IEC62321(製品含有科化学物質測定法)の進捗状況

RoHS指令の6規制物質の測定法が、IEC/TC111/WG3で、IEC62321として検討が進められています。

2006年5月にCDVが出され、10月6日に締め切られました。投票結果は、全投票数は27ヵ国で、P-メンバーの23ヵ国のうち、12ヵ国(52%)が反対し、承認に必要な67%の賛成が得られていません。また、全体投票では、承認には反対票は25%以下である必要がありますが、41%の反対となりました。

反対票を投じた国は、ベルギー、カナダ、フィンランド、フランス、スペイン、イスラエル、イタリー、オランダ、ノールウェー、スペイン、米国などです。EU加盟国の多くが、反対投票をしていることは気になるところです。

CDVに対しては、延べ396項目のコメントが出されています。

否決になった主な内容としは、下記があげられています。

  • 規格本体のボリュームが大きすぎる。
  • PBB、PBDE類の分析において、繰返し分析の値が安定しなかった。
  • 6価Crの分析では、定性的な結果し得られなかった。
  • 26試験機関が参加して行われた、国際研究機関間の共通試験(International Interlaboratory Study;IIS)では、金属(Hg、Pb、Cd)については、良い結果が得られたが、ほかの物質(6価Cr、PBB、PBDE)については、研究機関間のバラツキが大きかった。

中国では測定法、マークと最大許容濃度の3つの標準化が進められています。11月14日の発表では、近日中に正式発表するとし、11月8日に説明会(解読会)が開催されました。

測定法はIEC62321、マークは日本の資源有効利用促進法(J-Moss)に整合していると思われます。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ