本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

コラム

RoHS検索

06.10.27

EUの化学物質規制対応動向

EUの化学物質規制の発端は、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された「環境と開発に関する国連会議(地球サミット)」です。地球サミットでは、成果として「環境と開発に関するリオ宣言」と「Agenda21」が採択されました。「Agenda21」はリオ宣言に盛り込まれた諸原則を踏まえ、各国政府をはじめさまざまなセクターが、21世紀へ向けて実施に移していくべき課題を40章にわたり具体的に示しています。

化学物質の環境上の適正な管理は「Agenda21」第19章に「有害かつ危険な製品の不法な国際取引の防止を含む有害化学物質の環境上適正な管理」として有害・危険化学物質に対するさまざまな国際的な取組課題が記載されています(化学的リスクアセスメントの拡大および促進、化学物質の分類と表示の調和、有害化学物質および化学的リスクに関する情報交換、リスク低減計画、化学物質に関する国レベルでの対処能力の強化、有害および危険な製品の不法な国際取り引きの防止など)。

EUでは、予防原則(precautionary principle) に基づき、広範な環境問題への取組みを「環境行動計画」として策定しています。現在は、2001年~2010年の10年間にわたる「第6次環境行動計画」を策定、実施中です。

環境行動計画のコンセプトは、循環型社会形成へ向けて設計段階から環境配慮を行い、製品ライフサイクルにおけるリユース、リサイクルを助長するために有害・危険化学物質の使用をできるだけ制限し、環境中への放出や最終廃棄段階でのクリーン化を図ることにあります。上記の観点から、これまでに行われてきた、製品などへの有害・危険化学物質の含有規制に対する法令には(規制、指令など)には以下のようなものがあります。

  • 危険物質および調剤の上市と使用の制限指令(76/769/EEC)
  • 特定危険物質を含む電池および蓄電池に関する指令(91/157/EEC)
  • 包装および包装廃棄物に関する指令(94/62/EC)
  • 廃自動車指令(ELV指令)(2000/53/EC)
  • 廃電気電子機器指令 WEEE指令(2002/96/EC)
  • 電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令(RoHS指令)(2006/95/EEC)

「Agenda21」は、10年後の2002年に実施されたフォロー会議(ヨハネスブルグで開催)で2020年までに完了させることが決議されており、EUでは化学物質の登録、評価、認定制度(REACH規制)の整備を急ぎ、2020年までに目標を達成するとしています。

(担当 瀧山 森雄)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ