ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS指令

電子・電気部品に関する欧州の環境規制(RoHS指令)について紹介

2006.10.20

EU規制決定のプロセスについて

RoHS規制は、今年7月1日に施行されましたが、施行後も禁止除外リストが追加される状況です。FAQにも除外リストの質問が多く寄せられています。企業にとっては、この除外リストの追加にも注意しておくことも必要で、最新情報をフォローしたいものです。

RoHS規制に関わる決定はOfficial Journal の公告で確認することになりますが、一足早く英国政府のホームページのUnofficial note of the Technical Adaptation Committee(TAC)でWEEE&RoHSに規制動向を知ることができます。

これまでは、追加除外リストは、Unofficial note of the Technical Adaptation Committeeで、TACの議決を見ればよかったのですが、最近になって、最終の決定のプロセスが変わりました。

従来は、TACで決定されたものは、手続き的にはEU理事会やEU議会の審議プロセスを経ずに、EU委員会指令として採択され、Official Journal 公告されてまいりました(コミトロジープロセス)。

しかし、2006年6月13日に、EU委員会、EU議会、EU理事会が合意して、EU憲法の内容を先取りして、TACの決定をEU議会が絶対多数決(367/732票)により否決が可能となりました。このため、これまでのようにUnofficial note of the Technical Adaptation Committeeから得られる情報は最終決定でなくなることになります。

さらに複雑な事例が発生しています。

2006年6月26日のTACで、提案のあった9項目の除外リストの内1項目を継続審議とし、新たに8項目の除外リストが決定しました。しかし、その後、EU委員会がTACで継続審議とした1項目を独断で追加除外項目を決定しています。当初のTACの決定が覆されているわけです。

(担当 林 譲)

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク