本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいRoHS指令

ここが知りたいRoHS 指令

コラム

RoHS検索

06.10.01

法規制の理解は、その国の価値観や文化を理解することから

日米欧中で製品含有化学物質規制が時を同じくして強化されてきています。

規制緩和が世の中の潮流ですが、環境に関することは政府が率先するのが世界全体の傾向です。化学物質や環境問題は目に見えなく、また影響も間接的であり時間が経過してから顕在化することなどが規制強化の背景にあると思います。

海外の法規制はその国の価値観や文化を踏まえて制定されていますので、その国を理解してから条文解釈することが必要ですから、なかなか理解できません。例えば、EUでは「予防原則、疑わしきは使用せず」が基本にあります。日本は「顕在化された事項の規制」が基本ですが、最近は「未然防止」という米国の「予防的取り組み」に近い概念を使うことが増えています。世界の環境政策の基本となっているリオ宣言の第15原則では「重大あるいは取り返しのつかない損害の恐れがあるところでは、十分な科学的確実性がないことを、環境悪化を防ぐ費用対効果の高い対策を引き延ばす理由にしてはならない。」としています。この一つに原則でも国より人により解釈が違いますので、企業は対応に戸惑います。

日米欧中の法規制解釈は条文の行間をいかに解釈するかということになります。EUのRoHS指令は施行後も除外の追加をする、米国も州法レベルではEUに近い規制を開始してきている、あるいは中国もRoHS管理弁法のFAQを公開するなど、製品含有化学物質規制は大きく動いています。企業として、最新動向を的確につかみ、先んじて対応をすることが、サプライチェーン内に生き残るために必須条件になってきています。

このページのQ&Aは(社)中小企業診断協会東京支部の化学物資管理関係のエキスパートの中小企業診断士が担当しております。このページが中小企業の皆様に少しでもお役に立つことを念願しております。
(担当 松浦 徹也)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

  • トップ
  • RoHS指令の基礎

    • RoHS指令の概要
    • 日本 資源有効利用促進法・Jmoss
    • 中国版RoHS
    • 米 カリフォルニア版RoHS法
    • 韓国版RoHS
    • EUその他の規制
  • Q&A

    • Q&A 一覧
    • EU
    • 中国
    • 韓国
    • その他
  • コラム
  • 用語集
  • リンク集
  • ここが知りたいREACH規則
  • 化学物質情報管理の基礎知識
  • 支援情報ヘッドライン 毎日更新 全国の公的機関をスタッフが調査。あなたにピッタリの支援情報がきっとある!

このページの先頭へ