本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 中小企業大学校の上手な使い方 成長企業にみる人材育成

中小企業大学校の上手な使い方 成長企業にみる人材育成


東プレ 株式会社

研修成果を実感し、さらに改善力の高い工場を目指す!

東プレ 株式会社
大髙修作代表取締役

画像をクリックすると拡大表示します

1.企業の特徴

創造し、発想し、提案する企業を志し、快適清潔空間を社会へ提供し、生活文化に貢献することをめざしております。
 昭和30~40年代の高度成長期に、住宅着工数の増加と急速な内風呂化需要に対応して、風呂釜メーカーと連携して各種風呂ふたを開発。その間、SG制度(消費者が日常使用する製品の安全性を認証する制度)普及の功労等により通商産業大臣賞を2度受賞。

その後、浴室回りを中心にしたプラスチック日用品分野へも事業を拡大し、平成25年から風呂ふた満足館というセミオーダー型のネットショップも開設。断熱性の高い風呂ふたが主力商品として、全国シェアで約30%を販売させていただいております。

2.人材育成のポイントと中小企業大学校の受講経験(活用法)派遣理由、大学校を選んだ理由

当社は、製造から販売まで一貫して行っており、トップシェアを維持しておりますが、顧客からのQCD(Quality: 品質、Cost: 価格、Delivery: 納期)に対する要求は強く、これに応える必要があります。

中でも製造部門の役割は大きく、QCDは現場で作り込まれるものであると実感しています。現場力を強化し、より働きやすい職場環境を整備するリーダー人材を育成していく目的で教育訓練は進めております。

大学校での研修では各参加者の職場に対応した目標設定や、改善、改革について具体的に指導を受けられること、加えて研修終了後も継続的な指導を受けられることから派遣を決めました。

3.研修に参加したきっかけ

製造現場のリーダー人材の育成を検討していた時、広島校の工場管理者養成コースの存在を知り、2009年に初めて2名の幹部候補生を派遣しました。

本格的な外部の長期研修へ派遣するのは初めてでありましたが、派遣された2名は、広島校の実践的な研修内容と講師の的確な指導によって自社課題を解決し確かな研修成果と成長を感じたことから、以来毎年2名ずつ工場管理者養成コースへ派遣しており、2014年で6年連続、計12名となりました。当初受講した2名は現在では工場長など経営幹部として活躍しております。

4.研修を受講させてよかった点

研修カリキュラムは、自社の課題解決の実践、実際の中小企業に赴いての改善実習など極めて実践的な内容で、受講した者は確実に成長したと感じております。また、様々な業種・年代の方々との意見交換や交流によって、人間的にも成長すると感じております。

5.研修に参加したことによる変化、成果

(1)個人的な変化
 工場管理者養成コースへ派遣した者は、研修終了後は皆リーダーとして数値目標を立て、改善案を立案して実践しており、経営幹部として育っております。

2013年に派遣した2名につきましても、部下への指示も的確になり、職場のリーダーとして自信を持って業務にあたっております。製造ラインの改善プロジェクトにおいても主導的な役割を発揮して、生産性向上に寄与しております。

(2)会社の変化
 今回派遣した者の自社課題解決の実践により、梱包ラインのリードタイムが24.3%削減され、これにより生産能力が16%向上しました。このように各年での直接的な成果も出てきていますし、毎年連続して工場管理者養成コースに参加することにより職場の縦横の関係性が良くなり、封建的になりがちな職場環境が改善、改良に向けた取り組み姿勢に変化してきております。

この結果は、お客様からの評価につながっており、おかげさまで、ここ数年増収増益で推移することができております。

6.今後の展開と課題について

ようやく工場現場の体質改善に成果が現れてきておりますので、引き続き受講を続けることにより改善力の高い工場を目指したいと思います。

企業ワンポイント
製造部門の人材育成によって、改善力の高い工場へ。そして新たな商品開発へチャレンジする組織へ。
企業データ
東プレ株式会社(甲田工場)
代表者 代表取締役 大髙修作
所在地 広島県安芸高田市甲田町上甲立341(本社所在地は東京都台東区)
電話 0826-45-2840(代表)
設立 1960年4月
資本金 5000万円
社員数 162名
主要事業 住宅関連商品の製造販売

掲載日:2015年9月14日

前の記事次の記事


このページの先頭へ