本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 中小企業大学校の上手な使い方 成長企業にみる人材育成

中小企業大学校の上手な使い方 成長企業にみる人材育成


京王電化工業株式会社

研修に参加して進出国を絞り込めた! ~海外市場の積極的取り込み~

京王電化工業 株式会社
代表取締役 姫野正樹氏

画像をクリックすると拡大表示します

企業の特徴

社屋

京王電化工業株式会社は、ユーザーのニーズに合わせた表面処理加工を行っている。いち早く環境保全に取り組み、完全無公害工場はもちろん、三価クロムの導入、鉛フリーハンダ対応錫めっき、ハンダぬれ性に優れた新ニッケルめっきなど、環境にやさしいめっきづくりを実現している。
取引先は、大手電機メーカーと自動車関係が中心で、周辺地域に集積しているが、昨今、取引先の海外展開により、需要の先細りが懸念されている。

そのため、当社も海外に活路を見出すために中小企業大学校東京校の「海外展開事業管理者研修」を受講した。海外展開をするにあたっての強みとしては、環境への対策やトレーサビリティなど日系の企業であれば優位性はあると考えている。代表取締役の姫野正樹氏に聞いた。

海外展開事業管理者研修(23年度)に参加したきっかけ(海外展開を検討したきっかけ)

近年、主要取引先からの注文は、少量・短納期のものや新商品などが増加していて、ロットの大きい注文が減少している。量産体制が整った製品は、低コストで大量生産を行える海外取引先を活用するなど、海外の同業種への注文が増加傾向にあることが原因だ。
現状では、まだ、最盛期の80%程度の売り上げを維持してはいるが、国内で新商品開発をしたいという顧客ニーズに対応しても今後3~5年先は、厳しい状況が予想された。
そうした中、取引先から現地進出の打診を受けたわけでなく、呼ばれているわけでもないが、生き残りのためには、海外展開も検討する必要があると考えていたとき、以前からつながりのあった中小企業大学校から海外展開事業管理者研修のパンフレットが送られて来たので、すぐに受講することを決めた。

研修を受けた感想

大変、良かった。中小企業が海外展開する際に必要な情報だけでなく、その収集方法や注意点などを体系的に網羅していると感じた。
その他にも、演習講師と研修時間外で行われる懇親会などコミュニケーションをとる機会が頻繁にあったことで、講義時間では聞けない深い話を聞く事ができた。
いろいろ外部の研修には行ったことがあるが、こんなにメリットがある研修は他にはないと思い、翌年度(24年度)には、海外担当を担う社員を派遣した。

研修の効果

研修に参加するまでは、インドネシア、ベトナム、タイ、マレーシアの4つの国を進出候補先として考えていたが、研修に参加したことで、各国の現状を把握することができ、進出候補先をベトナム2都市に絞り込むことができた。
また、海外展開事業計画書の中でスケジュールを立てたことで、進捗確認が可能となり、日々の業務に流されることがなくなった。
演習講師が各業種、進出先別に用意してくれた各種資料は、研修後もときどき活用するなど、大変、役に立っている。

今後の展開と課題について

24年11月には、中小企業大学校と同組織である中小機構国際化支援センターの事業であるF/S事業に採択されベトナムに視察に行った。このF/S事業の応募に当たっては、事業計画書を作成する必要があったが、すでに当研修で事業計画書を作成していたため、作成に苦労することはなく、時間も必要としなかった。
今後、海外展開を進めるにあたって、課題は2つあると考えている。ひとつめは許認可がとれるかどうか。メッキは、許認可のハードルが高く、簡単に得られるものではないから。2つめは、進出先に仕事があるのかどうか。日系の板金・プレス業などの集積がある程度あれば、可能性があると考えている。ただし、日系企業以外からの発注は難しいと考えている。また、海外では、品質より価格引き下げに対する要求が多いと感じている。

企業データ
京王電化工業株式会社
所在地 東京都調布市調布ヶ丘3丁目6番1
電話 0424-83-1900(代)
設立 昭和43年(1968年)11月
資本金 3200万円
社員数 80名
主要事業 表面処理(金属めっき全般)

掲載日:2013年8月19日

前の記事次の記事


このページの先頭へ