本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > 中小企業大学校の上手な使い方 成長企業にみる人材育成

中小企業大学校の上手な使い方 成長企業にみる人材育成


三和エナジー 株式会社

卒業生を束ねて次世代教育につなげる

三和エナジー 株式会社
上野瑞穂社長

画像をクリックすると拡大表示します
都内にある東京東営業所。関東一円に配送網を持つ

都内にある東京東営業所。関東一円に配送網を持つ

三和エナジーは、建設や土木業用の重機を対象にした燃料配送事業を主力とする。近年ではデータセンターや通信インフラ企業の非常用電源への給油事業を始め、環境に配慮した燃料の取り扱いを見据えるなど幅広い展開を続け、変わりつつあるエネルギー業界に柔軟に対応している。

同社の強みは「人がやらないことをする」(上野瑞穂社長)。関東一円に配送網を持ち、安定した品質でどこへでも燃料を配送するというのもその一つだ。強みを生かした事業展開で、売り上げを5年前に比べて3倍に伸ばした。これまで東京・日本橋を中心に50km圏内と設定していたサービスの範囲を100kmまで広げようと、2009年には山梨に進出して営業所を9拠点に増やした。

社内人材育成システムの構築も

燃料は自社の設備で補給する

燃料は自社の設備で補給する

もう一つの特徴は、軽油の免税申請を請け負う会社や燃料タンクを整備する会社など、機能を振り分けたグループ子会社を計7社持つ点だ。グループを束ねるためには意思疎通ができ、経営者の立場で物事を見る将来の経営幹部候補の育成が必須だ。しかし中途採用者が多く、共通意識や仕事の経験などが不十分だった。教育の基盤もなかなか作れない。そこで幹部候補を育てるとともに、卒業生を次世代の教育につなげようと、中小企業大学校の経営管理者研修への参加を決めた。

大学校に参加し始めて6年目を迎えた。上野社長は「方向性や理解度が合い、意思疎通が円滑になった」と成果を挙げる。また企業のさらなる成長には、新しい事業の計画や収益目標の設定、営業サポートのできる人材が必要だ。大学校の成果はここにも現れ「営業計画や目標を立てることのできる人材が増えた」(同)という。

ただ困難なのは「モチベーションを継続させること」(同)。大学校受講後も開かれる交流会などを活用しながら、会社と社会の利益という共通の大きな目標に向かう体制を作り、意識を向上させる。意識や教育を大学校経験者以外に広めることも課題だ。今後は卒業生に人を束ねる経験をさせて成果を積み重ね、社内で人材育成のシステム作りを進める。

幅広い視点でコミュニケーション力を向上

サービスを扱う三和エナジーの事業には人の力が欠かせない。コミュニケーション力は最も重要な要素の一つだ。上野社長は「参加する将来の経営者のスキルや考え方を知ると同時に、広い分野の受講者と人脈を築くことができる」と大学校のメリットを挙げる。幅広い知識と経験で、コミュニケーション力の向上を狙う。

人を大切にするからこそ教育にもこだわり、会社も成長を遂げた。「三和なくては安心して暮らせない」(同)と言われるほどの企業を目指し、人材の育成に取り組む。

企業データ
三和エナジー 株式会社
代表者 代表取締役社長 上野瑞穂
所在地 神奈川県横浜市港北区篠原町1200
電話 045-432-2983
設立 1967年12月
資本金 9000万円
社員数 160人
主要事業 燃料配送事業
企業ワンポイント
中途採用者が多く、業務に対する共通認識を持ちづらいという課題に対し、大学校を活用し、幹部候補者の養成とともに共通の目標に向かえる体制づくりを目指す。

掲載日:2010年3月12日

前の記事次の記事


このページの先頭へ