本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.483
樹脂に添加剤Aを練りこんだペレットをEUに輸出し、EU側でさらに添加剤B、Cを加えた製品を販売しています。現状製品のSDSには添加剤B、CのREACH登録番号を記載していますが、添加剤Aや樹脂についても登録番号の記載が必要でしょうか?

A.483

REACH規則では、「No Data,No Market」の原則に基づき、製造者・輸入者ごとに年間1t以上の物質の登録(混合物の場合は構成物質、ポリマーの登録は不要ですがポリマー中に結合した状態で2wt%以上含まれる構成モノマーや成分)が求められています。予備登録された物質については段階的に登録対象が拡大している状況ですが、2018年5月31日の第3次登録期限以降は、原則EU域内で流通する化学物質・混合物中の物質には原則登録番号が付与されることになります。

また、REACH規則第31条ではSDSの要件を定めています。SDSの記載要件を定めたREACH規則附属書II1)において、登録物質の登録番号の記載を規定し、単一物質の場合には「1.物質または混合物および会社の特定」の1.2項で、混合物の場合には「3.組成または成分に関する情報」の3.2.4項で取り上げられています。

ご質問の製品(混合物)のSDSですが、製品がCLP規則に基づく分類基準に合致している場合にはSDSの提供が義務付けられます。その場合、SDSの「3.組成または成分に関する情報」への構成物質の記載は、少なくとも混合物の分類に寄与し、REACH規則附属書IIの3.2.1項の要件に該当する物質については必須となり、名称や濃度等と共に登録番号を記載することが必要となります。一方、要件に該当しない場合には物質の記載は任意となりますが、SDSの記載に関するガイダンス(第3.1版)2)によると、任意記載の場合であっても、記載する以上は、入手している登録番号等、同様の情報の記載が必要となります。

このようにご質問の製品の構成物質がREACH規則附属書IIの要件に該当するか否かや構成物質の記載状況によって、登録番号の要否は異なってくると言えます。

なお、REACH規則附属書IIの3.2.4項では、次の条件を満たす場合には、登録番号のうち、購入元を特定する情報(登録番号の下4桁)を非開示にすることができます。

  1. 監督当局から登録番号の開示要求が直接あった場合には、7日以内に監督当局に完全な登録番号を提出する
  2. 監督当局から登録番号の開示要求が川下ユーザーにあり、その照会が川下ユーザーから川上の供給者にもたらされた場合には、7日以内に監督当局に完全な登録番号を提出する
  3. 上記の場合で、完全な登録番号が分からない場合は、7日以内に供給元に監督当局の要求を伝えるとともに、監督当局にこれを連絡する

また、1t未満や、附属書IVや同Vに該当する物質等登録が免除されている場合、2018年5月の第3次登録期限までに登録すればよい100t未満の段階的導入物質で等、未登録の物質については、当然登録番号はないため、混乱を避けるためにSDSに登録番号がない理由を記載することが推奨されています。

1)REACH規則附属書II(2015年5月28日改正)
2)SDSの記載に関するガイダンス(第3.1版)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ