ここが知りたいREACH規則

ここが知りたいREACH規則

EUの化学物質関連規則を統合するREACH規則について紹介

Q
2016年4月28日更新
Q.472 CASの定義には、それぞれの物質の純度について規定はあるのでしょうか? 製造会社が異なる同じ物質でもCASでは同一性が保たれているのでしょうか。

アメリカ化学会(American Chemical Society:ACS)の下部組織であるCAS(Chemical Abstracts Service)1)は各種検索サービスと合わせてCASレジストリへーのCAS番号登録サービス(依頼者の化学物質にCAS登録番号を付与するサービス)を行っています。

CAS登録番号は、当該化学物質の分子式、構造式や立体構造、無機物質であれば結晶性等の情報から付与されます。即ち、CAS番号が分かれば、その化学物質の分子式、構造式等が分かることになっています。

従い、CAS番号の付与においては、その純度や不純物の含有については関係なく、特定された分子式、構造式を持つ化学物質に付与され、製造会社に関係なく、同じCAS番号であれば同じ化学物質です。

一方、REACH等の化学物質の登録2)では、例えば、単一物質の場合、20%までの不純物を含有していても、主成分の物質の名称で登録が可能です。この主成分の物質をCAS番号等で物質を特定しますが、不純物を含有することになります。この点で、ご質問の製造者が異なる場合は、同じ名称の物質であっても、純度、すなわち、不純物の種類、含有率が異なることがあり得ます。

 

1)https://www.cas.org/

2)http://echa.europa.eu/documents/10162/13643/substance_id_en.pdf

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク