本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.442
電気電子部品および製品に対する国内の化学物質管理の法規制を教えてください。

A.442

わが国の電気電子機器を対象にした化学物質規制としては2006年7月1日に施行された資源有効利用促進法改正政省令があります。同政省令で特定化学物質(以下6物質)を含有する電気電子機器(以下7品目)についてJIS C 0950(通称J-MOSS)に従って含有情報の提供(例えば、基準値を超えた場合にオレンジ色のマークによる表示など)が義務付けられました。

J-MOSSは特定化学物質および基準値がEUのRoHS指令と同じであることから、日本版RoHSと目されることもありますが、RoHS指令が特定化学物質の使用を制限するものであるのに対し、J-MOSSは特定化学物質の含有状況の明示を義務付け、その明示方法を基準化したものです。
 以下に規定の概要を記載します。

1.対象化学物質と最大許容度濃度

RoHs指令と同じ鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの6物質で、最大許容濃度はカドミウム0.01wt%、その他0.1wt%と定められています。

2.対象製品(以下の7製品群)
  • パーソナルコンピュータ
  • ユニット形エアコンデショナ
  • テレビ受像機
  • 電気冷蔵庫
  • 電気洗濯機
  • 電子レンジ
  • 衣類乾燥機
3.含有情報の表示方法

表示方法はJ-MOSSの2008年度版に以下のように定められています。

  • 上記7品目において6物質のどれかが基準値を超えて含有される場合は、当該製品にオレンジ色の「含有マーク」の表示とウエブサイド上の「含有状況表示」が必要です。
  • 上記7品目において6物質が基準値を超えているが、JIS規格(JIS C 0950:2008)附属書B「含有マークの適用除外」に該当するもののみの場合は、当該製品に「含有マーク」の表示不要で、ウエブサイト上での「含有状況表示」が必要となります。また、J-MOSSのグリーンマークの表示も任意で可能です。
  • 上記7品目においていずれの部位においても(除外項目であるかどうかを問わず)、6物質のいずれも基準値を超えていない場合は、当該製品にウエブサイト上での「含有状況表示」およびJ-MOSSグリーンマークの表示も任意でできます。

貴社の製品が規制の対象であるかどうか、対象の化学物質を含有しているか、最大許容値を超えていないかを確認し、該当する場合はJ-MOSSの規定に従って正しく表示をしていただきたいと思います。

上記規制以外では化審法と化管法が関係する可能性がありますので参考として紹介します。
 化審法では、化学物質の性状(分解性、蓄積性、毒性、環境中での残留状況)に応じて規制が定められています。第1種特定化学物質(28化学物質)の製造、輸入の許可性とそれらを使った政令指定製品の輸入禁止です。例えば、ポリ塩化ビフェニルを使った紙コンデンサー、油入りコンデンサー及び有機皮膜コンデンサーなどが輸入禁止対象製品です。

化管法はPRTR制度とSDS制度がその柱で、後者が関係する可能性があります。本制度は対象の化学物質(第1種指定化学物質462種および第2種指定化学物質100種)および、対象物質を1質量%以上(第1種指定化学物質の場合は0.1質量%以上)含有する製品を事業者間で譲渡・提供する場合、化学物質の性状および取り扱い情報(SDS)の提供を義務付けているからです。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ