本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.440
フマル酸ジメチルを含有したインキはREACH規則の「成形品」に該当するのでしょうか?

A.440

REACH規則の第3条(3)に成形品の定義が定められています。それによれば「成形品とは化学組成により決定されるより大きく機能を決定する特定の形状、表面またはデザインが生産時に与えられた物体を指す」となっています。

貴社の製品であるフマル酸ジメチルを含有しているインキそのものには、機能を決定する特定形状、表面またはデザインが与えられていませんので成形品には該当しません(ご質問の貴社のインクも含め、インクは有機溶剤、顔料、樹脂等複数の物質で構成されていることから混合物に該当します)。
 ちなみにフィルムにインキを塗装した熱転写リボンは、「成形品に関するガイダンス」によればインキを含む特殊担体という形の成形品に該当し、フィルムに塗装されるインキは混合物と判断されています。
 それらについてはQ&A136をご参照ください。

インキに含有されるフマル酸ジメチル(ジメチルフマラート)は、REACH規則附属書XVII(ある危険な物質・混合物および成形品の製造、上市、使用の制限)のNo61に収載されている制限物質で、以下の用途制限が規定されていますので該当する場合は適切に対応してください。

  • 成形品や部品に0.1mg/kgを超える濃度で使用してはならない。
  • 0.1mg/kgを越える濃度の成形品や部品は上市してはならない。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ