本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.405
米国カリフォルニア州の「安全な消費者製品規則」について教えてください。

A.405

米国カリフォルニア州の「安全な消費者製品規則」(以下、SCPR)」は2013年8月28日に行政法局で承認され2013年10月1日に発効しました。
 以下、カリフォルニア政府のHP「Safer Consumer Products」の内容に基づき、SCPRの概要をご紹介します。
 カルフォルニア州議会は2008年に「グリーン化学物質法」を制定し、有害物質管理部門(以下、DTSC)に消費者製品中の化学物質を特定し、優先順位付け、消費者製品中の懸念化学物質、潜在的代替品評価を行うためのプロセスを確立する規則を採用する権限を与え、採用することを要求しています。
 本規則は、より安全な消費者製品の代替品を特定するために以下の4ステップの継続的、科学ベースで反復するプロセスを規定しています。

・化学品
 規則は他の組織により既に、実施されている作業に基づき迅速に候補化学品リスト(-1,200)を確立し、DTSCが追加の候補化学品(CCs)を特定するためのプロセスを明記。

・製品
 規則は、代替品分析(AA)が実施されなければならない「優先製品」のリスト開発のための製品/候補化学品の組合せを評価し、優先順位付をすることをDTSCに要求。優先物質としてリストされる製品のベースである候補化学品はその製品のための懸念化学品として指定され当該製品を置換えるため、あらゆる代替品が考慮され、選択される。

・代替品分析
 規則は、責任ある事業体(製造者、輸入者、アセンブラー、リテーラー)に製品が優先物質としてリストされる場合には、DTSCに届出するよう要求。DTSCはこの情報を自身のWebサイトで公表する。優先物質としてリストされた製品の製造者(または他の責任ある事業体)は、当該製品および製品中のCOCsに対する暴露を最善に制限、公衆と環境に及ぼす逆の影響レベル決定のために代替品分析を実施しなければならない。

・規制の責任
 規則は、公衆の健康および/または環境を保護するために設計された受容可能、技術的可能な最も懸念の少ない代替品の使用を最大化することための規制責任を特定し、実施することを要求している。
 DTSCは、製造者が優先物質を維持し続けるならば、当該優先物質に対し、または優先物質を置換え選択された代替製品に対する規制責任を要求してよい。
 SCPRおよびSCPRプログラムは、カリフォルニアで販売される消費者製品中の有害成分対し、より安全な代替品を創出することを目的としています。
 従い、当該規則は、有害物質の使用削減、使用削除による安全な製品および健康な生活を強調しています。

今後の実施タイムスケジュールは以下です。

  • 最初の候補化学物質リスト:2013年10月1日
  • 最初の提案された優先製品リスト:2013年10月1日より180日後
  • 最初の優先製品リストの完成:規則作り要求中(1年を要するかもしれない)
  • 優先製品の届出:優先製品リスト完成後60日
  • 予備AA報告レポート:最終順位製品リスト後、180日(DTSCによる)
  • 最終AAレポート:予備AAレポートのコンプライアンス通知1年後
  • 規制対応の実装:規制責任においてDTSCにより明記される

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ