ここが知りたいREACH規則

ここが知りたいREACH規則

EUの化学物質関連規則を統合するREACH規則について紹介

Q
2013年8月23日更新
Q.398 弊社は調剤メーカーでEUに輸出していますが、REACH規則への登録は上流の物質メーカーにお願いしています。1年間の輸出が1tを超えるか不明なため、ORに伝えていなかった場合、それはREACH規則違反になるのでしょうか?また、OR経由で物質を登録する場合の計算基準はどうなるのでしょうか?

先ず、ご質問の1つの年間数量について整理しておきます。

ご質問の年間1t以上が不明の場合の対応については、段階的導入物質と新規物質とについて少し状況が異なります。 段階的導入物質である場合は、前3年間の暦年平均量が1t以上の場合は、登録が必要となります。一方、新規物質である場合は、暦年で1tである場合は、登録する必要があります。

登録の義務はEUの輸入者、すなわち貴社の輸出先にありますが、唯一の代理人(以下、OR)に委任する場合は、 EUの輸入者は ORの川下ユーザーと見なされ、この輸入者の義務を実施することになります。

ORによる年間量は、そのORを任命した物質メーカーのサプライチェーンからの輸出量の総計として算出されます。ご質問では、貴社の製品を EUに輸出することを伝え、物質メーカーに登録を依頼されているとのことです。

従い、物質メーカーでは、貴社の購入分を考慮して、登録手続きを取っていると考えます。従い、貴社からの輸出量が1tを超える可能性のある輸出先の情報は、物質メーカーからORに伝えておくことが必要と考えます。

段階的導入物質の場合は、これまで継続して貴社の製品を輸出している場合は、前3年間の平均となりますので、当該年度だけ1tを超えても、輸出先には登録に関する義務はありません。

従い、ORにその輸出先の情報が伝わっていなくても、直ちにREACH規則違反を問われることはないと考えます。過去3年間の平均輸出量が1t以上となる場合に、ORへ輸出先の情報の伝達が必要になります。

ただし、新しい輸出先は3年連続した輸出はないことになりますので、暦年で1t以上になる場合に、顧客の情報を物質メーカーからORに伝える必要があります。

新規物質の場合は、上記の段階的導入物質の新規輸出先と同じく、暦年で1tを超える場合に、輸入者に登録の義務が発生しますので、ORにこの情報の伝達が必要です。

なお、ORにより登録を行う場合は、輸出先にORを任命して、登録が行われていることを通知する必要があります。

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク