本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.397
デンマーク特定フタル酸エステルの制限規則では重量比0.1%以上含有とありますが、この0.1%の分母はRoHS指令の均質材料でしょうか、あるいはREACH規則の成形品でしょうか?

A.397

デンマークの環境保護庁(EPA)は、特定フタル酸エステルの製品含有を制限する規則BEK nr 1113 af 26/11/2012(以下、フタル酸法)を、2015年12月1日に施行すると発表しています。このフタル酸法の根拠となるデンマーク政府の考え方は、EPAが2013年7月1日に公表した「フタル酸戦略」(Phthalate Strategy、デンマーク環境保護庁)というドキュメントに記されています。
 その戦略の9.3 Restriction proposal(制限の提案)は以下の通り記述されています。
 The Danish Minister for the Environment introduced a national ban on the four phthalates in November 2012. The ban covers "articles intended for indoor use and articles that may come into direct contact with the skin or mucous membranes, containing one or more of these four phthalates in a concentration greater than 0.1% by weight of any component.

ご質問の重量比の分母については、上述の文末の「any component」の解釈ということになります。componentは部品または成分と翻訳されます。
 また、同規制の第2章(輸入または販売の禁止)第4条1項では以下の通りデンマーク語で記述されています。
 Varer til indendors brug, som indeholder et eller flere af de i bilag 1 navnte ftalater i en koncentration over 0.1 vagtprocent af materialedele, der indeholder ftalater.
 直訳しますと、「屋内で使用する製品で、materialedele中に重量比で0.1%を超える1種類または複数の規制対象フタル酸エステル類を含有する場合」となります。デンマーク語の「Materialedele」を辞書で引きますと「材料部品」と翻訳されます。
 さらに、フタル酸法が調和しているEUの玩具指令2009/48/ECの附属書IIであるEN71-Part3(欧州玩具安全規格)においても、規制値の計算は「micro-structurally distinct parts」を重量比の分母とすることが規定されており、その「micro-structurally distinct parts」という語句の解釈は同司令のガイダンス文書(Toy Safety Directive 2009/48/EC An explanatory guidance document)において「RoHS指令で言及している均質材料という用語と同様の意味とみなす」と明記されています。

以上より、ご質問の重量比の分母は成形品そのものではなく、それを構成する個々の部品や均質材料と解釈できます。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ