本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.376
再生紙を使用する外装材では、SVHCにおける環境物質不含有への回答はどのようにすればいいのでしょうか?

A.376

再生紙の原料である古紙(廃棄物)にはREACH規則は適用されませんが、再生紙は廃棄物のリサイクル品に該当しますので、REACH規制の対象となります。したがって、再生紙を使用した外装材は成形品としてREACH規則第7条の適用を受け、意図的放出物質の登録やSVHCの届出が必要になる場合があります。

ご質問のケースについては、以下の対応が可能であると考えます。

(1)大手の再生紙メーカーでは非含有証明書の提出を行っていますので、貴社の再生紙購入先の再生紙メーカー(上流サプライヤー)に依頼して環境物質(SVHC)非含有証明の提出を出してもらいます。
(2)上流サプライヤーから提供された情報に加え、貴社における外装材加工プセスにおける環境物質 (SVHC) の混入可能性を調査して不使用である旨の情報を開示することにより、川下ユーザーに非含有であることを証明します。
(3)もし、(1)の環境物質(SVHC)の非含有証明が得られなかった場合は、自社での分析を検討しますがその場合でも、SVHCすべての分析を行う必要はなく、原料として混入する可能性のある物質のみ分析すればよいと考えられます。

なお、REACH規則への対応の詳細については、2007年9月28日付けコラム成形品ガイダンス(環境省仮訳)をご参照ください。

また、貴社が製造される紙製パレットや外装材はEUに輸出する場合には、容器包装指令(Council Directive 94/62/EC of 15 December 1994 on packaging and packaging waste)の適用を受けることになると思われます。

同指令では、第11条1項に「包装材または包装材部品に含まれる鉛、カドミウム、水銀および6価クロムの濃度レベルの合計が100ppmを超えないこと」と規定されています。また、リサイクル材料を使用した場合や、製造工程においてコンタミネーションがあった場合でも特例は認めていません。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ