本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.345
ノルウェーに化学製品を輸出する場合、ノルウェー有害物質規制法(Product Regulation)の他に確認すべき国内法規はありますか?

A.345

ノルウェーにおける化学物質の規制について紹介します。

1.化学製品に対するノルウェー有害物質規制法の規制内容

ノルウェーはEUに加盟していませんが、EUと欧州経済領域(EEA)に加盟しているため、EU法の適用を受けることになります。
 ノルウェーに化学製品を輸出する場合は、ノルウェー有害物質規制法の規制を受けることになりますが、規制対象となる有害物質を含む化学製品と規制内容(全面的に禁止、濃度などの条件により禁止など)が第2章に記載されています。
 しかし、上記のように国内法規であるノルウェー有害物質規制法にはREACH規則やRoHS指令の規定内容を盛り込んで対応していると言えます。従いまして、ノルウェーに化学製品を輸出する場合はREACH規則、CLP規則やRoHS指令の動向も把握しておく必要があります。

なお、ノルウェー有害物質規制法とREACH規則およびRoHS指令の対応は下記のようになっています。
・EU RoHS指令との関係
第2章21項から23項にかけては電子・電気機器の規制について記載されており、これはEU RoHS指令に相当する内容となっています。
・EU REACH規則との関係
第2章30項ではREACH規則のXVII(ある種の危険な物質、混合物および成形品の製造、上市および使用の制限)に収載されている物質も規制対象に含まれると規定しています。

なお、ノルウェー有害物質規制法の詳細はWebサイトで参照できます。

2.その他の国内法規

ご質問のノルウェー有害物質規制法以外の法規制については、ノルウェー版RoHSとも呼ばれる「PoHS」があります。

上記のノルウェー有害物質規制法の修正案で、食品、食品包装材、肥料、医用機器、タバコ、輸送用設備、タイヤなどの輸送用アクセサリは適用除外となりますが、すべての消費者向け製品を適用対象とするものです。対象となる有害物質の含有量が規制値を超えた場合に生産、輸入および輸出を禁止するものです。当初は規制物質を18物質とするものでしたが、2011年11月の修正提案では下記の4物質に絞られ、2011年12月20日にWTOに対してTBT通知されました。
・中鎖長塩素化パラフィンC14-C17 (MCCP)
・鉛および鉛化合物
・パーフルオロオクタン酸(PFOA) およびびPFOAの塩類、エステル類
・ペンタクロロフェノール
詳細はQ&A317をご参照下さい。

今後はPoHSの対応が必要と考えられますので、その動向については注視する必要があります。
 なお、消費者向け製品以外の規制についてはノルウェー有害物質規制法と同様としておりますので、先述しましたRoHS指令およびREACH規則と同様の規制が適用されることとなります。
 TBT通知文書の詳細はWTO Webサイトのオンラインドキュメントの「SIMPLE SEARCH」から「Document symbo」に「G/TBT/N/NOR/17」と入力し検索し「G/TBT/N/NOR/17/Rev.1」で確認してください。
 分類と表示と包装に関するCLP規則については ノルウェーにおいてもEUのCLP規則が適用されます。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ