本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.306
REACH規則を修正した委員会規則〔(EU)276/2010〕 Annex17に記される「一般向け(supply to the general public)」とはどのようなものが対象なのでしょうか?

A.306

ご質問の「一般(公衆)向け」とは、消費者も含め、製品等に含まれる物質に関して詳しい情報を持たない一般人に提供される民生用製品が対象になると考えられます。

REACH規則Annex17には「ある危険な物質、混合物および成形品の製造、上市および使用の制限」のインベントリーが掲載され、「制限」の対象となる物質について「特定製品への使用禁止」、「一般公衆(the general public)向け製品への使用禁止」、「完全な使用禁止」などの条件が定められています。

REACH規則〔(EU)1907/2006 〕では、上述の一般公衆(the general public)の文言は、このAnnex17以外にも前文№95、同№114、2条1項、31条4項、123条等で頻繁に使用されており、物質の使用やREACH規則の適用等に関して「労働者(workers)」や「職業上の使用者(professional users)」に対比して、使用されていることがわります。

 また、一般公衆については以下のREACH規則第2条に見られるように、物質について専門的に取り扱う以外の人が対象となっており、次のCLP規則35条の記載内容からしますと、一般公衆は一般消費者にも使用されている場合があると理解できます。

【REACH規則・第2条1項】

「(a) radioactive substances within the scope of Council Directive 96/29/Euratom of 13 May 1996 laying down basic safety standards for the protection of the health of workers and the general public against the dangers arising from ionising radiation;」

日本語訳(環境省訳):電離放射から生じる危険に対する労働者及び一般公衆の健康保護のため基本的安全標準を規定する1996 年5 月13 日付け理事会指令96/29/Euratom25の適用範囲内の放射性物質。

【CLP規則35条2項】

「Packaging containing a hazardous substance or a mixture supplied to the general public shall not have either a shape or design likely to attract or arouse the active curiosity of children or to mislead consumers, or have a similar presentation or a design used for foodstuff or animal feeding stuff or medicinal or cosmetic products, which would mislead consumers.」

日本語訳(日本大学訳): 一般公衆に提供される危険有害物質または混合物を入れる包装は、子供の強い好奇心を誘引または喚起したり、消費者の誤解を招いたりしやすい形状や設計にしてはならない。また、食品や飼料、医療品または化粧品に使用されるのに類似した外観や設計も、消費者の誤解を招くため使用してはならない。

ここで今一度REACH規則の規定を見てみると、消費者という文言は以下のとおり生産者や輸入業者が自社製品や輸入品の購入先に何らかの情報提供や対策を講ずることができる対象者であるのに対し、一般公衆とは購入の有無に関わらず広く自社の製品が使用された場合に、その製品から何らかの暴露等の影響を受ける不特定の対象者も含むものであり、購入を経ないで使用されるときに十分な事前対策を講ずることができない場合もある対象者を指していると考えられます。

【REACH規則・前文No.56】

「Part of the responsibility of manufacturers or importers for the management of the risks of substances is the communication of information on these substances to other professionals such as downstream users or distributors. In addition, producers or importers of articles should supply information on the safe use of articles to industrial and professional users and consumers on request.

日本語訳(環境省訳):物質のリスク管理に対する製造者又は輸入者の責任の一部には、川下使用者又は流通業者のような他の職業人への物質に関する情報の伝達がある。さらに、成形品の生産者又は輸入者は、要請に応じて、成形品の安全な使用に関する情報を、産業上の及び職業上の使用者並びに消費者に対し供給すべきである。

以上から、「一般(公衆)向け」とは自社製品の消費者を含む一般人に向けて提供される民生用製品が対象になると考えます。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ