本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.285
REACH規則ではジブチルスズ化合物等の閾値が「スズ換算」ですが、川上企業からAISやJGPSSIで回答された場合には、回答に記入された含有率を再計算しなければなりませんか?

A.285

ジブチルスズ化合物は、REACH規則ではCMR物質(生殖毒性カテゴリー2)に分類されており、付属書XVIIでは2012年1月1日以降、混合物および製品やその部品で、スズ換算にして重量比0.1%を超える濃度を有する場合は、公共に供給される混合物および製品には使用できなくなると規定されています。
 上述の規定は、Commission Regulation (EU) No 276/2010 of 31 March 2010 ANNEX (2. In Entry 20, the following paragraph 4,5 and 6 are added to the second column)の5でブチルスズコン化合物について(a).~(d)として規定内容が定められています。
 この制限に関する事項はQ282で詳細に説明していますのでご参照ください。

ここで、AISとJGPSSI算定基準について確認しておきます。
【JAMPアーティクルマネジメント推進協議会】
 AISは、成形品の「質量」「部位」「材質」「管理対象法規に該当する物質の含有有無・物質名・含有量・成形品当たりの濃度」などの情報を記載し、川下企業に伝達するために使用されるJAMPが推奨する情報伝達シートです。

【グリーン調達調査共通化協議会(JGPSSI)】
 調査対象物質リスト及び調査回答フォーマットをツール化することで共通化し、グリーン調達調査にかかる調査労力の軽減と、回答品質の向上を目的とするものです。

上述に基づいて、川上企業からAISやJGPSSIで回答された場合の含有率再計算の要否について次のケースに分けてみます。

  1. 重量比0.1%未満の回答を受領した場合
     AISでスズ化合物として回答を受領した場合、スズ換算した場合も0.1%未満となりますので、再計算する必要はありません。また、JGPSSIの場合はスズ換算となっておりますので、再計算は不要になります。
  2. 重量比0.1%以上の回答を受領した場合
     AISでスズ化合物として回答を受領した場合は、スズ換算で0.1%になるかどうかを確認する必要があります。
     例えば、ジブチルスズオキシド(C8H18OSn) として、含有情報を提供された場合は、次のようになります。
    ・(C8H18OSn)の分子量:248.92
    ・スズの原子量:118.71
    ・ジブチルスズオキシド中のスズの含有率:118.71÷248.92x100=47.7%

従い、ジブチルスズオキシドが2096.7ppm以上ですと、スズ換算で1000ppm以上となります。制限されていますジブチルスズ化合物、ジオクチルスズ化合物に沿って再計算が必要になります。

なお、上述しましたとおり、JGPSSIの場合はスズ換算での情報提供となっていますので、再計算は不要になります。

参考:JIG-101 Ed和訳版 2011.3.10(P17)

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ