本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.276
機械指令に該当する機器は、REACH規則のアーティクルに該当するのでしょうか?

A.276

REACH規則のアーティクル(以下、成形品)は、「成形品とは生産時に与えられる特定の形状、表面またはデザインがその化学組成より大きく機能を決定する物体」として定義されています。

一方、安全を確保しながら、機械類を統一市場内で自由に流通させることを主な目的として制定されている機械指令では、「機械」は「特定の用途を達成するために組み合わされた、少なくとも1つが動くもので、ある結合した部品や要素の組立(an assembly)である」とされますので、REACH規則の成形品の定義「特定の形状…がより大きく機能を決定する物体」に該当し、REACH規則も適用されることになります。

機械指令が適用される機械中の「物質・混合物」については、REACH規則の義務を順守する必要があります。

例えば、機械に潤滑油やグリース等を装填して輸出している場合、その量が年間1t以上であれば登録が必要になります。また、高懸念物質としてCandidate Listsに収載された物質(以下、SVHC)が機械の全重量に対して0.1wt%以上含まれている場合は、供給先に対して、このSVHCの名称やその有害性の安全に使用するための情報を提供する必要があります。さらに、その量が1t以上になりますと、ECHAへの届出が必要になります。

以上の通り、機械を構成するものの中には物質/混合物があることに留意することが重要です。

REACH規則における、成形品中の物質の義務の詳細につきましては、REACH規則の基礎2010年3月5日付けコラムQ&A267などをご参照ください。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ