本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.183
REACH規則では、SIEFがつくられるようですが、どのようなものでしょうか?また、どのようにすればSIEFへ参加できるのでしょうか?

A.183

SIEF は、Substance Information Exchange Forumの略で「物質情報交換フォーラム」と訳されています。SIEFの目的は、登録時に物質の有害性データの共有を促進して、重複した試験を避けることと予備登録者間で物質の分類と表示に差異がある場合、関連する物質の分類と表示に関して、合意を促すことにあります。

SIEFは同一物質の予備登録者で構成されていますが、予備登録者以外に、物質データ保有者、例えば、年間1t以下の製造者・輸入者、川下企業、物質の情報を提供できる研究機関等の第三者も参加することができます(REACHの第28条7項、第29条1項)。

SIEFの組織形態については、REACH規則には特にどのようなものでなければならないかの規定はありません。また、化学品庁が直接SIEFの中の議論に加わったり、確認したりすることもありません( FAQ version2.1 2008-04-09によります)。

予備登録は、2008年6月1日から同年12月1日の間に行われました。予備登録されると、予備登録者の連絡先、物質の情報(例えば、名称や EINECS番号、CAS番号など)およびその類似物質の情報が、REACH-ITによりpre- SIEFページに表示されます。同一物質の予備登録者はこのページに自動的にリストされ、予備登録者間で予備登録した物質の同一性を確認します(pre- SIEF)。

ご質問のSIEFへの参加ですが、データ保有者は、保有する物質のSIEF加入者になるためのビュー(加入者登録ビュー)を使ってREACH-ITにサインアップすることができ、REACH規則第28条(1)にリストされている情報に相当する情報の一部あるいはすべてをECHAに提出することにより他のSIEFメンバーに情報を提供することができます(Frequentry Asked Questions on REACH by Industry March 2009 ver2.4 9.7 )。
REACH-ITのマニュアルは以下のサイトです。http://echa.europa.eu/doc/reachit/industry_user_manual/reachit_presief_en.pdf

2009年1月1日に予備登録した物質の情報と類似物質の情報が公開されていますが、その後、pre- SIEFに合意した同一物質の製造者・輸入者などによってSIEFが形成されています。SIEFは2018年6月1日まで活動が続けられます。

現在、予備登録の数が多く、事務処理に時間がかかっており、2010年に登録期限を迎える物質に関しては、ECHA 当局や関連業界からSIEFの形成およびそれに伴う物質の特定に関して、時間的に問題がないか懸念の意が表明されています。

SIEFについての、サイトは以下の通りです。実際の動きについて解説されています(REACH FACT SHEET 2009年4月24日発行)。http://echa.europa.eu/doc/reach/reach_factsheet_siefs.pdf

SIEFに関する情報は本Q&AのQ56Q83もご参照ください。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ