本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.177
当社は、日系の化学品商社のEU現地法人です。数年前よりインドから化学品を輸入し、EU域内に販売していますが、予備登録申請が行われていない商品がありました。仕入れ先のインドメーカー、EU域内の需要家は予備登録を完了済みです。これから当社が予備登録をすることは可能でしょうか?また、輸入は継続できますでしょうか?

A.177

REACH規則の段階的導入物質の予備登録の期限は2008年6月1日から2008年12月1日までとなっていました。この期間内に予備登録を行なうことにより、段階的登録物質の事業者(製造者、輸入者)は登録の移行期における恩恵を受けることができます。予備登録を行なわない場合は、1t以上の段階的導入物質の輸入・製造を行なう場合、当該段階的導入物質を登録する必要があることを意味します。
 ご質問によりますと貴社の輸入先であるインドの化学品メーカー製品に予備登録漏れの商品があるとのことですが、上述の予備登録期間終了後であっても以下の条件を満足する場合は予備登録を行なうことができます。
 (REACH規則28条6項) すなわち、その条件とは以下の2つを満足する場合になります。

  • 2008年12月1日以降、当該段階的導入物質を初めて1t以上の製造または輸入してから6カ月以内
  • 当該段階的導入物質の製造または輸入数量に該当するするトン数帯の登録締め切り日から12カ月以内

ご質問にあります予備登録漏れのインド化学品メーカーの商品が上述の条件に該当する場合は、その旨をインドの化学品メーカーに連絡し、予備登録を促し、予備登録してもらうことをお奨めします。
 もし、インドの化学品メーカーが追加の予備登録を行なわないような場合は、EU域内の輸入者として貴社が上述の条件を判断しながら予備登録することが可能です。
 仮に、貴社が同物質をインドメーカー以外の業者からも輸入しており、その量が合計して1tを超える場合は注意が必要です。その業者が予備登録を行っていない場合はREACH規則に違反し、輸入を継続することができないことになります。その場合は、インドメーカー以外の業者に予備登録をしてもらうか、または輸入先をインドメーカーに集中するなどの対応が必要です。

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ