ここが知りたいREACH規則

ここが知りたいREACH規則

EUの化学物質関連規則を統合するREACH規則について紹介

Q
2009年4月24日更新
Q.165 弊社では、EUから商社経由で注文伝票が入、商品(物質)をEUのユーザーに直接出荷していました。これまでは出荷が1t以下のためREACHには関係ないと考えていましたが、この商社から別のユーザーへの注文伝票が入りました。今後、2社の出荷の合計が1tを超えることがありそうです。この場合、登録はどのようにすればいいのでしょうか?

Guidance on registrationによりますと、商品をEU域外から輸入する際は商品の実質的な取扱者に登録義務があるとされています。
 契約内容にもよりますが、EUの商社の機能が伝票の取次ぎ程度である場合、見なされされません。

今回の例では、商社の関与度合によって対応は変わってきます。
  1.契約等により商社が実質的な取扱者である場合
  2.商社は単なる伝票の取次ぎ程度しか行っていない場合
  の2例に分けて回答します。

1.契約等により商社が実質的な商品(物質)の取扱者である場合

1トンを超えますので、商社に登録義務があります。
 商社に輸入者としての登録を求めると、商社は第三者の代理人を任命することが予想されます。その場合、貴社は商社が契約する第三者の代理人に必要最小限の情報を提示するだけで登録できます。
 また、28条6項での対応となりますので、期間的にもこれから対応できます。
 登録情報についてはJ-Net21内のサイトを参照ください。

情報漏洩がどうしても気になる場合には、貴社が「唯一の代理人」を指名することも可能です。
 しかし、「唯一の代理人」を指名する場合は、維持コスト分が増加しますので、今後の販売動向を見据えた上で、「唯一の代理人」を指名するか否かを決定するのが良いと思います。
 「唯一の代理人」については後述します。

2.商社が当該商品(物質)の伝票の取次ぎ程度しか行なっていない場合

実質的な取扱者はEU域内のユーザーとなりますが、どちらのユーザーも輸入量は1t未満のため、登録義務はありません。しかし、商社の輸入量は1tを超えますので、輸入時になんらかのトラブル発生の可能性があります。
 このようなトラブルを未然に防止するためには、貴社は「唯一の代理人」を指名して、物質の登録を行う方法があります。また、今後、いずれかのユーザーにおいて取扱量が増え、1tを超える可能性がある場合に、ユーザーの便宜を図る目的で、貴社が物質の登録を行う場合も同様です。

これにより、ユーザーは「唯一の代理人」の川下ユーザーと見なされ、物質の登録をする必要はなくなります。その際、「唯一の代理人」を指名した事実は各ユーザーに知らせる必要があります。
 この「唯一の代理人」とは、REACH規則で規定される登録に関する一切の義務を負う、EU域内の法人または自然人で、以下の義務を果たさなけらばなりません。

  • (1)「唯一の代理人」は物質の取扱いに関する十分な経歴とそれに関する情報を持つ
  • (2)義務遂行に必要な情報の編集・維持や当局への情報の提供等の義務を負う
  • (3)輸入量、販売顧客情報、および安全情報データシート(SDS)の最新更新版の提供に関する情報を最新状態に維持する

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。

情報提供:一般法人 東京都中小企業診断士協会

関連リンク