本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 経営をよくする > ここが知りたいREACH規則

ここが知りたい REACH規則

Q&A

REACH検索

Q.151
REACHの罰則が加盟国ごとに2008年12月までに規定されたと聞いていますが、具体的な罰則の内容を教えてください。

A.151

ご質問のREACH規則の不遵守に対する罰則規定は、REACH規則126条で、EU加盟国は2008年12月1日までに国内法などでを定め、欧州委員会に通知する義務を負うことが定められています。その後も修正があれば遅滞なく通知する義務が定められています。

2008年12月15〜16日に開催された、REACH/CA会議で発表によりますと、2008年12月1日までに欧州委員会に通知をているのは、REACH施行29カ国(EU加盟国27カ国,EEA加盟国の2カ国、以降REACH規則施行国と記載)のうち15カ国で、残りの未通知の14カ国は2009年末までに提出することをコミットしているとのことです1)

これまで入手していますドイツとイギリスの罰則規定は次のようになっています。

  1. ドイツ2)
    (1)EU化学品庁への報告やサプライチェーン間での情報伝達等義務違反などの低レベルの不順守
      :10万ユーロ以下の罰金または2年以下の懲役
    (2)健康と環境に重大な影響を及ぼす可能性がある場合の高度で重大な不順守
      :最大5年の懲役
  2. イギリス3)
    (1)治安判事裁判所(Magistrates Courts)に告訴された場合
      :最高5,000ポンドの罰金、および/あるいは、3カ月の禁固
    (2)刑事法院(Crown Court)に告訴された場合
      :上限なしの罰金、および/あるいは、最高2年の禁固

このようにREACH規則の不遵守に対する罰則の程度はREACH規則施行国により異なっています。REACH規則施行国間で罰則の程度が異なることで、企業がゆるい罰則規定の国へ移動するなどの事例が出てくることが懸念されます。その懸念の解消のためと考えますが、欧州委員会では2009年末までにREACH規則施行国間の罰則の比較調整をする予定になっています1)

1)http://www.nikkakyo.org/reach/_documents/REACHsupport090116.pdf

2)http://bundesrecht.juris.de/chemg/__27b.html
http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/1028/1028-03.pdf

3)http://www.hse.gov.uk/reach/enforcement.htm

中小企業の方を対象として、海外ビジネスに関する質問を無料で受け付けています。
中小機構「中小企業国際化支援アドバイス

| |

当解説は筆者の知見、認識に基づいてのものであり、特定の会社、公式機関の 見解等を代弁するものではありません。法規制解釈のための参考情報です。 法規制の内容は各国の公式文書で確認し、弁護士等の法律専門家に判断によるなど最終的な判断は読者の責任で行ってください。


このページの先頭へ